このページの本文へ

iPhoneの自動入力を使って、面倒なログインをラクにしよう

2018年06月30日 10時00分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネットで自身のIDにログインする際、パスワード入力を面倒だと感じたことはありませんか? iPhoneの「自動入力」を設定すれば、簡単にログインができます。

 「設定」→「Safari」をタップ。

 「自動入力」をタップしましょう。

 「ユーザー名とパスワード」をタップ。

 「ユーザー名とパスワード」が「オン」になりました。

 「Safari」で、パスワードを自動入力したいサイトに接続します。パスワード入力画面を開きましょう。

 通常通り、パスワードを入力。「ログイン」をタップします。

 「このパスワードを保存」という項目が表示されます。「このパスワードを保存」という項目をタップ。

 パスワードの「自動入力」が設定されました。

 実際に、「自動入力」を使用してみましょう。再度、ログアウトした状態で先程のサイトに接続します。

 パスワード入力画面を開きましょう。

 キーボード上部に表示されている「パスワード」をタップ。

 「Touch ID」を認証します。

 ログインしたいサイト名を選択してタップ。

 パスワードが自動入力されました。

 「自動入力」を活用すれば、ログインにかかっていた手間が省けます。またiPhone Xでこの機能を使う場合は、Touch IDの部分がFace IDに置き換わるので、よりスムースなログインが実現します。

 なお、iPhoneにはアカウント作成時のパスワードを自動で生成する機能も備わっていますが、それはまた別の機会で紹介します。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中