このページの本文へ

GCPのオープンソース戦略責任者Sarah Novotny氏がボードメンバーに

GoogleがThe Linux Foundationのプラチナメンバーに昇格

2018年06月28日 14時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Googleが2018年6月27日(米国時間)に、The Linux Foundationのプラチナメンバーになったことが発表された。これまで、Googleはシルバーメンバーとして同団体に参画していたが、今回プラチナメンバーに昇格し、同時にGoogle Cloud Platform(GCP)のオープンソース戦略責任者であるSarah Novotny氏がThe Linux Foundationのボードメンバーに就任した。

The Linux FoundationのWebサイトに「Welcome Googl」の文字

 GoogleがサポートするThe Linux Foundation管轄のオープンソースコミュニティには、Cloud Foundry、Node.js Foundation、Open API Initiativeなどがある。また、同社はCNCF(Cloud Native Computing Foundation)や、Core Infrastructure Initiativeなどの創設メンバーでもある。今回、Google代表としてThe Linux FoundationのボードメンバーになるSarah Novotny氏は、長期にわたってNGINX、MySQLなどのオープンソースコニュニティチャンピオンを務めており、今後はNode.js Foundationボードメンバーにも加わる。

 The Linux Foundationのプラチナメンバーには、IBM、インテル、Microsoft、Oracle、日立製作所、富士通、シスコ、NEC、Samsung、Huawei、AT&T、VMware、Tencent、Qualcommが参加している。プラチナメンバーは、The Linux Foundationのオープンソースガバナンス、法律、技術トピックなどに関する知見にアクセスできるとする。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ