このページの本文へ

dynabookやdynabook Qosmioなど多数のPCが対象に

東芝製パソコンのACアダプターに発煙・発火のおそれ

2018年06月22日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
東芝製パソコン用ACアダプターの交換・回収について(発煙・発火の恐れ)

 東芝クライアントソリューションは6月22日、東芝製パソコンのACアダプターに発煙・発火のおそれがあると発表。回収および無償交換するプログラムを開始する。

 2009年12月~2011年7月に生産されたACアダプターで、使用された材料の劣化により発煙・発火の可能性があるという。同梱されたPCはdynabookシリーズおよびdynabook Qosmioシリーズ、dynabook REGZAシリーズなど複数のシリーズが対象となる。

 交換対象のACアダプターかどうかは、製品型番およびACアダプターの部品番号から確認でき、専用ページを設けている。また、部品番号/シリアル番号を読み取るTOSHIBA AC Adapter Code Reader(iOS/Android用アプリ)も準備中。

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー