このページの本文へ

Thunderbolt 3で接続してデスクトップ用グラフィックスカードをノートで利用

Razer、グラフィックス エンクロージャー「Razer Core X」を国内発売

2018年06月14日 11時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Razer Core X」(左はRazer Blade Stealth)

 Razerは6月14日、ノートPC用外部グラフィックス エンクロージャー「Razer Core X」の日本国内発売を発表した。6月22日に発売する。

 デスクトップPC用グラフィックスカードをノートPCと接続できる拡張ボックス。Thunderbolt 3を搭載するRazer製ノートPC(Razer Blade Stealth/Razer Blade/Razer Blade Proなど)や、Thunderbolt 3対応eGPU をサポートする他社製ノートPCに接続できる。グラフィックスカードとしては、NVIDIA GeForce、NVIDIA Quadro、AMD XConnect対応、Radeon、Radeon Proなどに対応する。

 価格は3万5424円。Razerの国内正規流通代理店のデジカを通じ、日本向け公式オンラインストアのほかツクモやドスパラ、ビックカメラグループなど一部店舗で販売される予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ