このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

SIMフリー対応! 4G LTE通信OKの12.3型「HP ENVY 12 x2」フォトレビュー

2018年06月25日 11時00分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本HPの12.3型2 in 1「HP ENVY 12 x2」は、先進性やデザイン性を重視したプレミアムブランド「ENVY」の最新モデルだ。しかも、4G LTE通信モジュールによる常時接続、さらにコネクテッド・モダンスタンバイ機能をサポートした「Always Connected PC」となっている。コネクテッド・モダンスタンバイ機能は、バックグラウンドでネットワークに接続し、UWPアプリの更新を行なうほか、スタンバイ時でも瞬時に利用が再開できるというもので、使い勝手のよさがうかがえる。今回、その試用機をお借りできたので、フォトレビューの形でレポートしよう。

製品には、キーボードドック、「Spectre アクティブペン」などが同梱。キーボードドックにあるプレミアムマークの直線的な印象がデサイン上のポイントになっている

わずか約8.5mmの薄いタブレット本体

 「HP ENVY 12 x2」は、タブレット本体のみの厚さはわずか約8.5mmで、ボディ素材は質感の美しいアルミニウムを採用していることもあって、さながら薄い板のように感じる。ただし実際に手に持って多少力を入れても簡単にたわむことがないため、見た目からのイメージと違い頑丈な印象を持つ。削り出しのアルミ素材は、見た目や手触りの良さだけでなく、耐久性が高いというメリットがあり、「HP ENVY 12 x2」はこれら美点をうまく活かしているといえるだろう。

ボディ素材は質感の美しいアルミニウムを採用。プレミアムマークの直線的なデザインに目を引かれる方が多いはずだ。削り出しのアルミ素材は、見た目や手触りの良さだけでなく、耐久性が高いというメリットがあり、「HP ENVY 12 x2」はこれら美点をうまく活かしている

 インターフェースとしては、USB 3.1 Type-C(Gen1)端子を左右側面に搭載している。どちらも電源オフUSBチャージ機をサポートしているため、たとえば、「HP ENVY 12 x2」を使っていない間にスマートフォンをType-Cケーブルでつないで充電を行なうといったことが可能だ。

左側面にはヘッドホン・マイク兼用端子、USB 3.1 Type-C端子(Gen1、電源オフUSBチャージ機能対応)、microSD/SDHC/SDXC対応カードスロット(トレイタイプ)
右側面は、nanoSIMカードスロット(トレイタイプ)、音量ボタン、USB 3.1 Type-C端子(Gen1、電源オフUSBチャージ機能対応)

前へ 1 2 3 次へ