このページの本文へ

ソフトバンクも月1980円~の段階制データ定額 そのポイントは?

2018年05月25日 15時15分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 au「ピタットプラン」、ドコモ「ベーシックパック」に続いて、ソフトバンクもライトユーザー向けの段階制データ定額を開始する。

 ソフトバンクが6月29日に開始する「おてがるプラン」は、月1GBまでなら税抜月1980円、月2GBまでで税抜月2980円、月3GBまでで税抜月3980円のデータ定額。基本プランの「スマ放題」(税抜月2700円)、または「スマ放題ライト」(税抜月1700円)との組み合わせて利用する。

 ソフトバンクのライトユーザー向けデータ定額は、従来は「データ定額ミニ 2GB」(税抜月3500円)、「データ定額ミニ 1GB」(税抜月2900円)だったため、データ定額の料金自体は値下げされたという見方もできる。

 ただし「おてがるプラン」は、対象機種(開始時点ではiPhone SE、Android One S3、DIGNO J、HUAWEI nova lite 2、シンプルスマホ4)の購入をともなう新規契約または機種変更時に限定されるのと、「月月割」「一括購入割引」の対象外であるため(「半額サポート」は選択可能)、端末購入に相応の支払いが求められる可能性が高く、その点は注意が必要となりそうだ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン