このページの本文へ

スマホに子供の位置情報など通知するサービス

2018年05月15日 09時00分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビーサイズは5月14日、中部電力とNTTコミュニケーションズと協業し、AI・IoTを活用した子ども見守りサービス「どこニャン GPS BoT」の提供を開始した。

 どこニャン GPS BoTは、離れた場所にいる保護者に、専用のIoT端末を携帯する子供の現在位置情報や1日の行動履歴を、スマホのアプリを通じてリアルタイムで伝えるサービス。学校や塾など子供がよく行く場所をAIが自動的に学習し、登下校や帰宅のタイミングをプッシュ通知で知らせる機能も搭載している。

 端末は雨やホコリ、衝撃に強いため活発な子供も利用でき、ボタンがなく音もならないので学校にも持っていけるという。利用可能エリアは全国(FOMAエリア、FOMAプラスエリア)。端末価格は5184円。月額サービス利用料は520円前後。別途、端末送料として350円がかかる。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ