このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第210回

西友プライベートブランド(!)と大容量500mlのエナドリを2本一気に飲み干す!

2018年05月01日 17時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まだ見ぬエナドリを求めて
PBのエナドリと「KiiVA」をレビュー

 新発売されたエナドリは片っ端から飲んでいくストロングスタイルなわれわれジャンク部だが、基本的に会社の近くのコンビニくらいしか立ち寄るお店がないので、意外と飲んだことがないエナドリがあることに気がついた。これはイカン! と筆者とコジマは一念発起。未開の味を求めて旅立った。

 まずは西友のプライベートブランドである「みなさまのお墨付き」シリーズからその名も「エナジードリンク」。たまたま近所の西友で買い物しているときに見つけたのだが、そのまんまのネーミングに軽い衝撃を受けた。エナドリといえば、レッドブルだのモンスターだのロックスターだの、パワーワードがずらりと並ぶ名前が多いのだが、これはエナジードリンク。ジュースかと思って買ったらエナドリじゃん! という、週刊ジャンプを買ってきてと頼んだのに月刊ジャンプを買ってきてしまうおばあちゃんのようなミスはないので、これはこれでアリだろう。

 西友もこの商品をレコメンドしているのか、ポップつきで売っていたほど。その渾身のエナドリの味は如何に!?

西友のプライベートブランドのエナドリを飲む! ジャンク部初登場のエナドリだ
スピーディー末岡「微炭酸だから飲みやすい。味は普通のレッドブルインスパイア系だけど、ちょっと酸味が強いような……」
コジマ「飲みやすいしエナジー感もあるんですが、ちょっとココ見てください!」

 コジマが見つけて驚いたのはカフェイン含有量。「64mg」とある。普通じゃないの?

コジマ「いやいや、よく見てくださいよ! 100mlあたり、ですよ。これは250mlですよね? 単純に計算して150~160mgですよ! レッドブルの250ml缶でもカフェイン含有量は80mgですから倍です、倍。」

 これは飲み過ぎると危険そうだ。西友ではハコ買いもできるが、飲み過ぎには注意してほしい。飲みやすいだけにゴクゴクいってしまいそうだ。っていうか、昨年にネットで話題になってたようだ……。

人と違う道を行く大容量エナドリ
KiiVA

 KiiVA自体は結構前からあるのだが、ジャンク部ではレビューしたことがない。昔は「KiiVA Beauty」という250ml缶だったのに、気がついたら500mlとビッグになって戻ってきた。コンビニでもちょくちょく見かけていたのだが、さすがに500ml飲むのはキツイと敬遠していたのだが、この機会にチャレンジすることに。エナドリでは珍しい「Made in Japan」だ。

 KiiVAの色はなんと赤! ベリー系を彷彿とさせる。カフェインとアルギニンのほかにガラナエキスも入っており、エナドリとしてのポテンシャルは高い。しかし、意外なことにカフェイン含有量は500mlあたり100mg。100mlあたり20mgと考えると、西友のエナドリの1/3、レッドブルの約1/2しかカフェインが含まれていないことになる。これなら多少飲み過ぎても大丈夫そうだ(違)。

でかぁい! 説明不要! カラーリングはちょっとBABYMETALっぽい
スピーディー末岡「後味が結構苦い。ガラナのせいかな。味はベリー系で飲みやすくて美味しい。エナジー感はあまり感じなかったけど、500mlを飲み干したら目がギンギンになりそう」
コジマ「さすがに500mlは量が多くて全部飲める気がしません。味は甘すぎなくて飲みやすいだけにそこが残念。250mlで良かったんじゃないかなあ」

 というわけで、西友のエナジードリンクとKiiVAを飲んだわけだが、サイズ的にエナジードリンクに軍配があがった。海外では大容量の需要があるかもしれないが、日本で500mlのエナドリはオーバースペックすぎる。俺たちに500mlは早すぎたんだ……。ただ、西友のエナジードリンクはカフェイン含有量に注意が必要と、どっちもどっちだったり……。

 ごちそうさまでした。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!