このページの本文へ

人間の動きを再現

卵を割らずに持てる繊細な手のロボット「MELTANT-α」

2018年03月13日 19時15分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 メルティンMMIは3月12日、独自開発のアバターロボット「MELTANT-α(メルタント・アルファ)」を発表した。

 同社は身体の動作を忠実に解析する「生体信号処理技術」と、生体模倣から着想を得た「ロボット機構制御技術」をコアとするサイボーグ技術を使って、実用可能な「筋電義手」を開発してきたという。

 MELTANT-αはそのサイボーグ技術のノウハウを生かして開発したアバターロボットのコンセプトモデル。手の動作構造は、人の身体、特に筋肉と腱の構造をリサーチして製作。複数の筋肉群が複数の関節を動かすことによって動作する人の手を、ワイヤー駆動によって再現。サイズ・重量は人の手と同じとのこと。

 ワイヤー駆動により、片手でも2kgのボトルを持ち上げたり、4kg以上の物体を両手で支えるといった動作が可能。アクチュエーターに依存しないため、油圧などほかのアクチュエーターと組み合わせられる。

独自の制御アルゴリズムによって、卵を割らずにつかんだり、ペットボトルのキャップを開けたり緻密な動作もできるという。

 そのほか、1万8900km離れた場所からタイムラグの少ない遠隔操作が可能。高い耐故障性とフェイルセーフ機能により過酷な環境の作業ができる。また、力覚をフィードバックすることで力加減の調整も可能だという。

 ハンド単体、ハンド・アーム、全身の3プロダクトを展開する予定とのこと。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ