このページの本文へ

見た目はキモいが手先は器用な触手型ロボット

Jamie Condliffe

2017年03月31日 07時57分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

家庭でも企業でも、ロボットの普及には「上手にモノをつかむ」機能の実現が欠かせない。ドイツのロボット企業フェストは、柔らかいモノを優しく、重いモノはしっかり、持つと形が変わるモノは丁寧に扱えるタコ足アームを開発した。

不気味な映像を見せてしまって申し訳ない。滑らかなモノを優しくつかんだり、つかんだモノを人間に手渡したりできるロボット触手だ。

「オクトパス・グリッパー(タコ状のつかみ具)」を開発したのはドイツのロボット企業フェスト(Festo)で、自然をモデルにした自律機械の製造を得意とする企業だ。柔らかな触手は、おおまかにいえば、ふたつの要素がある。まず、触手はシリコン製で、空気圧で駆動する。空気が注入されると内側に曲がり、モノに巻き付く。触手には2列の吸盤がついている。風変りな形状だが、モノの形に応じて変形し、バキューム効果でモノに吸い付き、モノを確実につかむ。

映像のように、設計通りに動作しており、ボールや金属製の円筒、びん、丸めた雑誌まで、滑らかで曲がったモノをつかめるのが特徴だ。形状が定まらず、滑りやすいモノをつかむのは、大半のロボットにとって信じられないほど難しいタスクであり、触手ロボットの実現は注目に値する。ロボットの「モノをつかむ」機能が進歩すれば、ロボットは工場や家庭でもっと活躍できるだろう。

ただし、体をくねらせるロボットは、すでにロボット業界にズルズルと入り込んでいる。英国のOCロボティクスは、廃炉中原発の機材裁断用にレーザー装備のヘビ型ロボット・アームを開発した。大手石油企業スタトイルは、海底探査用のヘビ型ロボットを開発した。東京工業大学の研究者が開発した全長20mの膨張型アームはヘリウム風船製で、見た目は怖くない。

オクトパス・グリッパーは、こうしたロボットの中でも、器用な部類だろう。モノのつかみ方こそ気味が悪いが、機械の性能は申し分ない。フエストによれば「ロボット・アームは弾性があり、変形するため、ユーザーがグリッパーに直接触れても全く危険はありません」というから安心。人間の仕事までつかみ取る可能性もあるだろうが、それはまた別の問題だ。

(関連記事:Festo, “見た目が危険すぎる!レーザー切断機付きロボットスネーク,” “「モノを持ち上げられるロボット」の実現はなぜ大騒ぎになるのか?,” “Chasing Nature”)


転載元(MIT Technology Review)の記事へ

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く