このページの本文へ

PUBGやOverwatchに対応

Radeon Software、eSportsタイトルのパフォーマンスを向上させるアップデート

2018年03月07日 13時05分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Radeon Software 18.3.1」のパフォーマンス結果

 AMDは3月6日、同社製GPUドライバー「Radeon Software Adrenalin Edition」の最新版「Radeon Software 18.3.1」を公開した。

 アップデートの内容は、ゲーム「PlayerUnkown’s BattleGrounds」、「Overwatch」、「Dota 2」などのeSportsタイトルのパフォーマンスの向上と最適化。これはeSportsを中心とした人気PCゲームのパフォーマンスを向上させるプロジェクト「Project ReSX(Radeon eSports Experience)」により実現したもの。

 同社はここ数ヵ月間、デベロッパーとの協力によってゲーム内での最適化を進め、「Radeon Software」上に直接最適化機能を搭載することで、世界で人気の高いゲームに対するパフォーマンスをチューニングし、Radeonゲーマー向けにeSports体験の向上を推進してきたという。

カテゴリートップへ