このページの本文へ

ゲーマー間チャット機能をシームレスに統合、セカンド画面に使えるスマホアプリも

AMD、「Radeon Software Adrenalin Edition」を大幅アップデート

2017年12月13日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
スマホアプリを含む複数の新機軸、新技術が投入されている

 AMDは12月12日(米国時間)、Radeonグラフィックス・ソフトウェアスイート「Radeon Software Adrenalin Edition」の大幅アップデートを発表した。

 Radeonグラフィックスを用いたゲーム体験をより向上させるいくつかの機能が追加されている。「Radeon Overlay」ではGPUのパフォーマンスを監視しゲームプレーを独自の好みに合わせて調整でき、チャット機能などゲーム中で他のゲーマーとやりとりできるUIを提供。

「Radeon Overlay」 

 また、フレームレートやカラー設定、Radeon FreeSyncなどの設定へワンクリックアクセスできるツールも用意。新たなパワーマネジメント技術とともに、ユーザーの環境に合わせた最適な設定を利用できる。

「AMD Linkモバイルアプリ」

 さらにiOSおよびAndroid用のアプリ「AMD Link」も新たに登場。自宅では便利なセカンド画面として、外出先においてもデスクトップ上のRadeon Softwareの強力な補完としてスマホを利用でき、「AMD Linkダッシュボード」はパフォーマンスモニターやストリーミング、SNSなどの機能を備える。

カテゴリートップへ