このページの本文へ

キーボードとタッチパッドの使用感は良好

ドスパラ6万円台Core i3搭載ノートPCは極限までシンプル、だがそこがいい

2018年02月12日 10時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Critea DX-KS H3」

 Core i3-7100U、4GBメモリー、500GB HDDという、ノートパソコンとしてはスタンダードな構成ながら、6万4778円というリーズナブルな価格を実現するドスパラの15.6型「Critea DX-KS H3」。今回は、Critea DX-KS H3の使用感と魅力を紹介する。

 Critea DX-KS H3の大きな特徴のひとつは、シンプルで無駄のないデザインだ。本体のカラーもベゼルにブラックを使っている以外はホワイト一色で、とてもに洗練された印象を受ける。

極限までシンプルな「特徴のなさ」が個性になっている

 トップカバー、キーボードフレーム/パームレストともに、凹凸がほぼなく、キーボード部がかすかにへこんでいるのみ。キーボードの奥にスピーカー用のスペースを広くとってある点以外は、目立った特徴もなく、むしろこの極限までシンプルな「特徴のなさ」が個性になっている面がある。メーカーのロゴは、ベゼルの下にある「Diginnos」のみで、背面にはない。

 キーボードに採用しているフォントも細めの角ゴシックで、開いたときの印象をすっきりとまとめようとしている意図が感じられる。

キーボードとタッチパッドの使用感は良好

キーボードのレイアウトは、右シフトキーとコントロールキーが若干狭い以外は標準的。トラックパッドの操作感は良好

 キーボードのレイアウトは標準的だが、右のシフトキーとコントロールキーが少々狭くなっているので、シフトとコントロールを右で使う人は注意が必要だ。キーピッチはおよそ18.5mmとそれなりに広く、キーとキーの隙間もほどよく空いているため、ミスタイプは発生しにくいだろう。

 15.6型ならではの幅を活かしてテンキーを搭載しているが、QWERTYキーとほかのキーの隙間がなく独立していないため、テンキーを搭載していないノートからの乗り換えでは、慣れるまで時間がかかりそうだ。

 難点があるとすれば、樹脂製のキーボードフレームを採用しているので、強くタイピングをすると、キーボードフレームに少々のたわみを感じる場合がある。「A」キーやエンターキーなど、キーボードの中でも端寄りにレイアウトされているキーには安定感があるが、スペースキーや「G」「H」キーを強めに押した際には、ややチープな感触を感じてしまう。人によってはまったく気にならない部分だが、もし気になるのであれば購入前に試用するといいだろう。

 トラックパッドは少々広く、実測でおよそ幅120×奥行き65mm。パッド自体がクリッカブルになっている一体型で、指への追従性やクリックの認識率も良好。指1本でのカーソル移動、2本でのスクロールに加えて、3本、4本でのジェスチャーにも対応しているため、広く、反応のいいトラックパッドの採用は大きなメリットだ。

 またトラックパッドは、表面がさらさらとしているのもメリットの1つ。Critea DX-KS H3は全体的につや消しのマットな質感になっているが、本体がすこしザラザラとしている仕上げなのに対し、トラックパッドはきめの細かいつや消し調で、指の滑りがよく、操作性がいい。

ディスプレーの品質は価格相応だがちょっと惜しい

解像度は1366×768ドットと、15.6型というサイズに対して少々ひかえめだが、発色は悪くない

 ディスプレーの解像度は1366×768ドットと、15.6型というサイズに対して控えめ。さすがに近くで見るとドットが目立つが、ここはリーズナブルな価格とトレードオフになっている部分も大きいので、割り切りが必要だ。

 フルHD以上のIPSパネルなどと比較しなければ発色は悪くなく、また文字などの可読性も良好。15.6型でこのクオリティーのマシンを低価格で手に入れられるというメリットの方が大きいだろう。

 今回は主な使用を中心にまとめたが、次回はさらに詳細な使用感とベンチマークテストを実施する。

試用機の主なスペック
機種名 Critea DX-KS H3
CPU Core i3-7100U(2.4GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620
メモリー 4GB
ストレージ 500GB HDD
ディスプレー 15.6型(1366×768ドット)
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子、HDMI出力端子、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、SDカードスロット
サイズ/重量 およそ幅382×奥行256×高さ23.9m/約1.8kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ