このページの本文へ

ステージ上でいきなり注射、過激派DIYバイオハッカーの言い分

Emily Mullin

2018年02月08日 10時42分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バイオテック企業アセンダンス・バイオメディカルのCEO(最高経営責任者)が、バイオハック会議の壇上で遺伝子治療薬と称するDIY治療薬を注射し、その様子をネット中継した。「遺伝子療法を民主化するため」としているが、専門家は危険な行為だと批判している。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ