このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

【節分特集】2018年の恵方巻は?第15回

まるごといわし巻も発売!

くら寿司 お米を使わない恵方巻

2018年01月25日 12時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ごきげんよう。先日、関東地方は数年ぶりの大雪に見舞われました。今週、来週あたりは寒さがいちばん厳しくなるのかもしれません。風邪などひかぬよう気をつけてお過ごし下さい。

 昔の人は言いました。冬が来たなら春は近い!

■くら寿司で「糖質オフ巻」

 2月3日の「節分」は季節の節目。2月も例年寒いですが暦の上では春となります。節分と言えば恵方巻。ここ数年、高級具材をふんだんに使用したり見た目がユニークだったりする意表をついた恵方巻が話題になりました。今年はどんな恵方巻が登場するでしょうか。

くら寿司の「糖質オフ巻」2種

 回転寿司チェーン「無添くら寿司」が打ち出したのは「糖質オフ巻」。シャリの代わりに「大根の酢漬け」を使用したお米を使わない恵方巻です。糖質オフ巻は「シャリ野菜七福巻」「シャリ野菜えびマヨ巻」の2品で、価格は各237円。

「シャリ野菜七福巻」「シャリ野菜えびマヨ巻」

 くら寿司では2017年8月から糖質オフシリーズをスタート。シャリのボリュームを従来の2分の1に減らしたものや、大根の酢漬けに置き換えたメニューを発売しました。お客さんの反応はとても良く、そこで恵方巻でも糖質オフを開発。従来から最大73%糖質がカットされるそうです。

■話題になった「まるごといわし巻」が今年も

この他にも、くら寿司は恵方巻を計7種発売。

 恵方巻は糖質オフのものだけではく、シャリを使った正統派も発売。「七福巻」(237円)や「豪華かに太巻」(378円)、「えびマヨ巻」(237円)といった定番路線の恵方巻に加え、いわしの塩焼きを丸ごと一本使用して太巻きにした「まるごといわし巻」(378円)など、計7種を発売。

「まるごといわし巻」

 まるごといわし巻は、節分のお飾りである「柊(ひいらぎ)いわし」から発想を得たという、くら寿司らしい大胆な恵方巻。2015年から毎年発売しており、記者も食べたことがありますが、意外にも(失礼……)おいしいのです。梅肉と大葉が入っているため、いわしの脂っぽさを爽やかにしてくれて、さっぱりと食べられます。骨を丁寧に処理しているため丸かじりできるのもうれしい。

 まるごといわし巻の試食レビューは3年前の記事になりますが、こちらをご覧ください。→「恵方巻はいわし一匹!くら寿司の「まるごといわし巻」を節分前に食べてみた」

 当時、まるごといわし巻があまりにも衝撃だったので、発売前に自分でいわし巻をつくってみたりしました。そうなんです、私はいわしを好きすぎなんです。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧