このページの本文へ

IPX4防水準拠

ソニー、完全ワイヤレスイヤフォンのスポーツモデル

2018年01月10日 16時45分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーは1月8日(現地時間)、米国ラスベガスで開催されているCESの前日プレスカンファレンスで、完全ワイヤレスイヤフォンの新モデル「WF-SP700N」を発表した。米国公式サイトの価格は199.99米ドルで、発売は6月を予定している。

 完全ワイヤレスイヤフォンのスポーツ向けモデルで、IPX4防水に準拠。汗や雨などといった少量の水が気になる環境でも使えるという。周囲の必要な音を集音するアンビエントサウンドモードをはじめとしたノイズキャンセリング機能を搭載。EXTRA BASSサウンドやスマホアプリ「Sony | Headphones Connect」アプリによるイコライザー設定にも対応する。

 また、NFCを使ったワンタッチ接続も可能。イヤフォン本体ボタンを使ってイコライザーとアンビエントサウンドコントロールの設定を呼び出す「クイックサウンド設定」も搭載するほか、アップデートによるGoogle Assistantの対応も予告されている。

 バッテリーは本体単体でおよそ3時間駆動し、ケース内蔵の2回充電分を合わせると最大9時間の使用が可能。充電時間は本体が1回1.5時間、ケースが3時間。Bluethoothバーションは4.1で、オーディオコーデックはSBCとAACに対応し、LDACは非対応となる。

 充電ケースのサイズはおよそ幅61.3×奥行き58.7×高さ38mm。重量は本体がおよそ7.6g×2、ケースがおよそ45g。カラーはピンク、イエロー、ブラック、ホワイトの4色。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン