このページの本文へ

KDDI、下り最大708Mbpsの新ファーウェイ製ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」

2018年01月09日 21時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、モバイルルーターの新製品として、下り最大708Mbpsの通信速度に対応した「Speed Wi-Fi NEXT W05」を1月下旬に発売する。

WiMAX 2+の2波に加え、au 4G LTEとの3波キャリアアグリゲーションで下り最大708Mbpsを実現するファーウェイ製ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」

 Speed Wi-Fi NEXT W05は、WiMAX 2+(20MHz幅×2)における4×4 MIMO、256QAMといった最新技術に対応するとともに、さらにau 4G LTEを組み合わせることで、下り最大708Mbpsの通信速度を実現する最新モデル。オプションのクレードルにセットすることで自宅内で固定回線代わりに利用できるほか、WPSの機能を経由して旧ルーターからWi-Fi設定を手軽に移行することも可能となっている。

オプションでクレードルも用意されている

 本体サイズは約130×55×12.6mm、重量は約131g。バッテリー容量は2750mAhで、連続通信時間は約540分となっている。カラバリはブラック×ライム、ホワイト×シルバーの2色。


■関連サイト

カテゴリートップへ