このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第64回

4万円台なのにトレンドの機能を装備 セルフィーに強いインカメラの実力は!?

18:9の縦長画面&リアもフロントもダブルレンズカメラ! 「HUAWEI Mate 10 lite」レビュー

2018年01月10日 13時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

上位モデルとは傾向が異なるが
マットな手触りのメタル素材で高級感は十分

 最後に、HUAWEI Mate 10 liteのデザインもチェックしておこう。

HUAWEI Mate 10 Proが鏡面仕上げなのに対し、本機はメタル素材のイメージを残したデザインになっている。マットな感じの手触りが印象的

 デザインの全体的な印象だが、今回試用したグラファイトブラックは背面がマットな質感となっており、シックに仕上がっている。もう1つのカラバリであるオーロラブルーも落ち着いた雰囲気を持ちつつ、こちらはよりアクティブな印象もある。どちらもビジネスシーンにマッチする、シンプルで上品なデザインだ。

厚さは約7.5mm。薄型端末と言える
四隅と側面の両方が丸みを帯びており、持ちやすい

 本体の厚みは約7.5mmとスリムで、重量も約164gと軽量。画面占有率83%という狭額縁仕様のため、5.9型ながら5.5型とほぼ同等のサイズ感となっている。角部分はラウンドしており、手への当たりが柔らかく、持ち心地も良好。本体の横幅は約75.2mmなので、横幅だけなら一般的な5.2型モデルと5.5型モデルの中間クラス。手の小さな女性であっても片手持ちは十分に可能だ。

横幅は約75.2mmなので、5.9型と言っても片手でも使えるサイズだ

 HUAWEI Mate 10 liteは、ファーウェイ・オンラインストアのほか、家電量販店やECサイトなどで発売中。市場想定価格は前述の通り、税抜4万2800円。本体のカラバリは、グラファイトブラックとオーロラブルーの2色となっている。縦長画面の利便性やワンランク上のカメラを求めるユーザーにとっては、高コスパな注目モデルと言えるだろう。

ファーウェイ「HUAWEI Mate 10 lite」の主なスペック
ディスプレー 約5.9型IPS液晶
画面解像度 2160×1080ドット
サイズ 約75.2×156.2×7.5mm
重量 約164g
CPU HUAWEI Kirin 659
2.36GHz×4+1.7GHz×4(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
OS Android 7.0(EMUI 5.1)
対応ネットワーク LTE:バンド1/3/5/7/8/19/28/38/40/41
W-CDMA:バンド1/5/6/8/19
無線LAN IEEE802.11b/g/n
(2.4GHz対応)
カメラ画素数 リア:1600万画素+200万画素
/イン:1300万画素+200万画素
バッテリー容量 3340mAh
指紋センサー
SIM形状 nanoSIM×2
USB端子 microUSB
カラバリ グラファイトブラック、オーロラブルー
市場想定価格(税抜) 4万2800円

提供:ファーウェイ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事