このページの本文へ

セキュリティSaaSと連携し、トラフィック情報取得と可視化、危険サイトへのアクセス制御

シスコ、企業iOSデバイスを保護「Security Connector」発表

2017年12月26日 06時30分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シスコシステムズは12月21日、企業従業員が利用するiOSデバイスを保護するセキュリティアプリ「Cisco Security Connector」を発表した。シスコが提供するセキュリティSaaS「Cisco Umbrella」や「Cisco Clarity(エンドポイント向けCisco AMP)」と連携し、トラフィック情報の取得、ネットワークアクティビティの可視化や制御を実現する。2018年第4四半期の提供開始予定。

「Cisco Security Connector」アプリの画面(画像は現在提供中のアプリ、セキュリティ機能はまだ提供されていない)

 Cisco Security Connectorは、企業が支給するiOS 11デバイス向けのセキュリティアプリ。エンドポイント保護/検出/対応ツールであるClarity、およびDNSベースのセキュリティツールUmbrellaとの連携によって、iOSデバイスおよびアプリによるすべてのトラフィックにきめ細かな可視性を与えることで、インシデント調査時に発生した事象や影響範囲、リスクの影響度などを速やかに特定できるよう支援するほか、リスクの高いインターネットサイトへのアクセスをブロックする。利用時にはClarityやUmbrellaの利用契約が必要。

Clarityによって、インシデント発生時の調査や影響範囲などの特定がスムーズになる(画像はシスコブログより)

 シスコでは、Security Connectorアプリによって、従業員のモバイル エクスペリエンスにマイナスの影響を与えることなく、ユーザーとデバイス双方のコンプライアンス確保に役立つと同時に危険なインターネットサイトへの接続を防御することができるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ