このページの本文へ

漢アカザー、ゲーミングPC回廊をゆく!第3回

最新CPU搭載モデルを速攻買いたい人に贈る

GALLERIAがCoffee Lake機を潤沢に即納中

2017年12月22日 11時00分更新

文● 赤澤賢一郎 編集●村野晃一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

売れ筋戦線異状有り!?

 どうもアカザーっす。

 ここんとこ俺の相棒となる新たなゲーミングPC探しをしている俺だが、年の瀬も迫ったこの時期に、また新たな候補が目に付いてきた。

 まずはこの画像を見てくれ。

 こいつは12月に入ってからのGALLERIAさんのサイトなんだが、注目してもらいてーのはこのランキングの部分だ!

 実はこの年末、GALLERIAのラインアップで注目されてるのが、このランキングのトップ3を飾っているZシリーズなんすよ!

 Zシリーズがどんなラインアップかっていうと、この10月に発売されたばかりの最新CPU、インテル Core i7-8700Kを搭載したマシンだってことなんすよね。

 インテルの第8世代コア、開発コードネームCoffee Lake-Sと言われるデスクトップ向けの最新CPUなんすけど、実のところ、ここんとこPC自作やなんかからちょっと遠ざかっていたのもあって、俺にはこいつがどんだけスゲーもんか、いまいち分かってないんすけど、どうやら俺と同じGALLERIA大好きメン、ガレリアンズたちに人気なのは、このCoffee Lake搭載マシンらしいんすよ。

 そこでまずはお勉強も兼ねて、またしても編集部のPC自作大好き集団ジサトラのハッチ先輩に、Coffee Lakeについて講義してもらうことにした。

ハッチ先輩の「Coffee Lake」のココがポイント!

ハッチ まず、Coffee Lakeは、第7世代のKaby Lakeよりコアの数が、i3、i5、i7のすべてのラインアップで2基ずつ増加してます。

 ??? センセー、もうちょっと分かりやすくお願いします!

ハッチ たとえば、Kaby LakeのCore i7-7700は4コアのCPUなんですが、Coffee LakeのCore i7-8700は6コアになってるんです。つまり、演算プロセッサが4個から6個に増えてるので、よりパワフルになってるってことですね。

 おお。いいじゃん!

ハッチ その代わり、物理6コアモデルのベースクロックは下がってます。

 なんだよ、下がってんのかよ!

ハッチ 慌てないでください。ベースは下がってるんですが、オーバークロック時の最大周波数は上がってるんですよ。型番にKが付いているオーバークロック対応モデルなら、逆に以前よりクロック周波数を上げることが可能なんです。

 なら当然俺はオーバークロックモデルだな!

ハッチ そして、ここが結構キモなんですが、対応するチップセットが、新しく登場したZ370のみなんです。

 ……それってどういうこと?

ハッチ つまり、今まで使っていたマザーボードは使えないってことです。

 なるほど。自作PC派からすると、CPUだけ新しくして乗せ換えるってのが駄目なわけね。

ハッチ そうですね。さらに、このチップセットの変更によって、対応するメモリーのクロック周波数が2400MHzから2667MHzへと上がっていますので、スピードが速くなってます。パフォーマンス優先で考えるのであれば、メモリーも新しくDDR4-2666のものを搭載したほうがいいでしょう。

 あちゃー。それは自作PC派は辛いなぁ。

ハッチ 自作PC派でも、Coffee Lakeマシンをつくろうと思ったら、ほぼ一からシステムを組む感じになるでしょうね。それならいっそ、GALLERIAのCoffee Lake搭載マシンを新調してしまうという選択も悪くないと思います。

 なるほど。やっぱり俺の選択眼は間違ってなかったぜ!

 ざっくりまとめると

・全ラインで物理コア数はKaby Lakeより2基増加
・物理6コアモデルの定格クロックは引き下げ
・ただし、OC時の最大周波数は上昇
・チップセットはZ370のみ対応
・対応メモリーはDDR4-2666になり増速

Coffee Lakeはどのくらい速くなった?

 そうと決まりゃ、もうちょい詳しく調べていくか!まずは、GALLERIAのサイトに載ってたベンチマーク結果を拝見。

 一番人気のGALLERIA ZVの数値はこんな感じだ。

GALLERIA ZVベント結果(※ドスパラ調べ)

 そんでもって、同じグラボのNVIDIA GeForce GTX1070 8GBを搭載したKaby Lakeモデル、GALLERIA XVの数値はこんな感じ。

GALLERIA XVベント結果(※ドスパラ調べ)

 標準構成での価格差はZVが17万9980円に対してXVが16万9980円。その差1万円なんで、これならZVを選ぶってのが普通の感覚だよな。

 もちろん、GALLERIA大好きメンの俺はともかく、アンタらにまでメーカー発表の数値だけを信じて買えとは言わねぇ。ASCII.jpでも、しっかりCoffee Lakeのベンチを取ってっから、それも載せとくわな。

CHINEBENCH 15での計測結果(ASCII.jp調べ)

 さらに詳しいベンチ結果は、以下の記事を参考にしてくれ!

参考: やっぱり凄かったCoffee Lake-Sの物理6コア、Core i7-8700K&Core i5-8400徹底レビュー

 さて、Coffee Lakeが超速いってことは分かった。問題はこれがいくらで買えるのか、だ。

 現在GALLERIAのCoffee Lake搭載ゲーミングPCのラインアップは5機種ある。CPUはすべてCore i7-8700K搭載で、それぞれグラボとメモリーの搭載量、ストレージ容量によってラインアップが分かれてる。標準構成の場合の価格表を載せとくんで、参考にしてくれ!

GALLERIA Zシリーズ価格表
型番 GALLERIA ZZ GALLERIA ZG GALLERIA ZV GALLERIA ZF GALLERIA ZJ
CPU インテル Core i7-8700K
グラフィック NVIDIA Geforce
GTX 1080Ti
NVIDIA Geforce
GTX 1080
NVIDIA Geforce
GTX 1070 Ti
NVIDIA Geforce
GTX 1070
NVIDIA Geforce
GTX1060 6GB
メモリ- 16GB 8GB
SSD 500GB 250GB
HDD 3TB 1TB 2TB 1TB
価格 24万9980円 22万4980円 17万9980円 17万8980円 14万8980円

※最新の構成と価格はドスパラサイトで確認ください。

GALLERIAなら注文から2日で即納可能!

 こっからは俺が独自に入手した情報なんだが、確かにこの冬、愛機を新調しようとした場合の注目機種はCoffee Lake搭載マシンになるみてーだが、どうもそのCoffee Lake自体の供給がそれほど潤沢ってわけでもないって噂もある。

 だが安心してくれ、心の友よ。我がGALLERIAさんは、たっぷり在庫を確保してて、どのラインアップでも注文からわずか2日で即納できる体制を取ってるそうだ。

 ハッチ先輩の説明を聞いたあと、電光石火で俺がGALLERIAさんに「御社のかっこいいCoffee Lakeマシンを貸してください」と電話したときにそう言っていた。

 年末年始の冬休みに、ヌルヌル快適なPUBGでたっぷりドン勝してー!とか、どっぷり4K動画見放題!とか思っても、納期を待たされたんじゃたまんねーもんな。流石は俺の信頼を一身に受けるGALLERIAさんだぜ!

 売れ筋モデルならさらに短納期になるそうだから、さっき紹介したベスト3モデルなんかは狙い目だぜ!

GALLERIA Coffee Lake搭載モデル最上位機種

 てなわけで、来たぜ来たぜ届いたぜ!俺がお願いしてお借りしたGALLERIAのCoffee Lakeマシン! その中でも最上位機種のGALLERIA ZZが到着だ!

 どうよ、この威容。

 CPUはもちろん、インテル Core i7-8700Kプロセッサー。

 ハッチ先輩が言うには、オーバークロックモデルのK付きCoffee Lakeは、最大熱量(TDP)がかなり高いらしい。だもんだから、見た目にもすげー大型なクーラーががっつり使われている。

 加えて、グラボには、現時点で最強のNVIDIA Geforce GTX 1080Tiを搭載!!ちっと前に発売されたGTX 1070 Tiが、価格は安いのに性能的には上位モデルのGTX 1080に肉薄してるってんで話題になったが、こいつはさらにその上を行くグラボだぜ!

 そしてもちろん、マザーボードはインテルZ370チップセット搭載のATX!

 やっぱり漢なら最上位機種だよな!ZZは、実際触ってみると、かなりのモンスターマシンだってことが実感できる。

 まぁ、買えるかどうかはまた別問題なんで、GALLERIAのCoffee Lake搭載Zシリーズのラインアップを一挙に紹介しておくんで、今年のボーナスとか、自分の懐具合と相談して、選んでみてくれよな!

GALLERIA Zシリーズの主なスペック
型番 GALLERIA ZZ GALLERIA ZG GALLERIA ZV GALLERIA ZF GALLERIA ZJ
OS Windows 10 Home
CPU インテル Core i7-8700Kプロセッサー
グラフィック NVIDIA GeForce
GTX 1080Ti
NVIDIA GeForce
GTX 1080
NVIDIA GeForce
GTX 1070 Ti
NVIDIA GeForce
GTX 1070
NVIDIA GeForce
GTX1060 6GB
メモリ- 16GB 8GB
マザーボード インテル Z370 チップセット搭載 ATX
SSD 500GB 250GB
HDD 3TB 1TB 2TB 1TB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ , SATA 接続
サウンド オンボード HDサウンド
有線LAN 1000BASE-T LAN
電源 Enhance 800W DELTA 500W
サイズ/重量 207(W)x520.7(D)x450.2(H)mm/13.9kg
価格 24万9980円 22万4980円 17万9980円 17万8980円 14万8980円

※最新の構成と価格はドスパラサイトで確認ください。

アカザーのおすすめモデル

 なんだかんだ言うて、コスパ重視な俺的には、価格的にもこなれたGTX1060/6GB搭載モデルのGALLERIA VJあたりが狙い目なんじゃねーかと思うぜ!

ハッチ先輩のおすすめモデル

 性能的にもGTX1080に肉薄するGTX1070Ti搭載のGALLERIA ZVでしょうね。1080搭載のZGと比べて4万5000円の価格差がありますし、税込みで20万円を切るかどうかは、ユーザーサイドから見たら結構ターニングポイントになりますからね。

(参考: GeForce GTX 1070 Tiは中身も性能もほぼGTX 1080だった

 おい!なんだか、俺のコメントが浅く見えっから、真っ向から正論吐くのは控えろよ!

 ともかく、この冬、Coffee-Lake搭載マシンの新調を考えてるとんがりゲーム野郎や、そろそろニューマシンに買い替えて年末年始のゲーム三昧に備えようって人なら、絶対に即納体制万全のGALLERIA Zシリーズがおすすめだぜ!

書いた人:赤澤賢一郎(あかざわ けんいちろう)

 ゲーム、ホビーをこよなく愛するフリーライター。負けず嫌いだがレースや対戦モノが大好物。通称:「アカザー」「ケンちゃん」「巻き舌の狂犬」など多数。元週刊アスキー編集者で、現在も週刊アスキーの看板レポート漫画「カオスだもんね!PLUS」の担当編集として活躍中。

提供|サードウェーブデジノス

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
関連サイト
ラインナップ
コンテンツ