このページの本文へ

ネスレのバリスタとソフトバンクのPepper、川崎重工の双腕ロボットのコラボレーション

ネスレ日本など、原宿でロボットカフェをオープン

2017年11月10日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ネスカフェ・Pepper・duAro おもてなし無人カフェ」イメージ

 ネスレ日本、ソフトバンクロボティクス、川崎重工は11月10日、コーヒーマシンとロボットによる「ネスカフェ・Pepper・duAro おもてなし無人カフェ」を期間限定で原宿にオープンすると発表した。

 ネスレのコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]」と、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」、川崎重工が製造・販売する人と共存可能な双腕スカラロボット「duAro」が連携。注文の受付からコーヒーの提供までを自動で行なう。顧客の顔と好みのコーヒーのレシピを記憶することで、再度注文をする際に顔認識して同じコーヒーを提供することも可能という。

 「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区神宮前1-22-8)にオープン。期間は11月16日~26 日、開店時間は11:00~21:00 (ラストオーダー20:30、11月16日のみ15:00からオープン)。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART