このページの本文へ

各種ベンチマークで知る、Core i7-8550Uのパワー

ノートPC買い替えなら今! 13.3型「XPS 13」が第8世代CPUで性能アップ

2017年10月28日 09時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネル」

 狭額ベゼルでスタイリッシュなデルの13.3型モバイルノートパソコン「XPS 13」シリーズに、第8世代Coreプロセッサーを搭載しパワーアップした新モデルが登場した。Core i5-8250U/Core i7-8550Uモデルをラインアップする。

 前回、Core i7-8550Uを搭載する「XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネル」の外観や使い勝手について紹介した。今回は気になる性能についてベンチマークを計測していこう。

 XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネルは、Core i7-8550U(1.8GHz)、8GBメモリー、256GB SSDという構成だ。GPUは、CPU内蔵のインテル UHD グラフィックスとなる。価格は20万5178円だが、デルの直販サイトでクーポンを利用すると、17%オフの17万297円で購入できる(10月27日現在)。

前世代のUシリーズから性能はグンとアップ!

 XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネルで気になるのは、やはり従来のUシリーズより2コア増え、4コア/8スレッドとなったCore i7-8550Uの性能。ということで、まずは「CINEBENCH R15」を計測してみた。

「CINEBENCH R15」

 OpenGLが49.96fps、CPUが618cbという結果だった。最近CPU以外同じような構成で前世代のCore i7-7700U採用ノートでも計測したのだが、OpenGLが40fps前後、CPUが350前後だったので、比較してみると結構な差がでていて驚いた。第8世代Coreプロセッサーは、第7世代と比べてマルチタスク性能が最大で40%増するといわれているが、確かにグッとパワーアップしているようだ。

 パソコンの総合的な実力を測る「PCMark 8」の「Home Accelerated」を実行したところ、3360という結果に。こちらもCore i7-7700U搭載ノートよりも高い数値を記録している。

「Home Accelerated」

 CPU内蔵のインテル UHD グラフィックスの実力はどうか、3DMarkも計測してみた。結果は、「Time Spy」が430、「Fire Strike」が1076、「Sky Diver」が4629だった。こちらは第7世代から大幅にパワーアップしているわけではないが、しっかりと数値は伸びている。では、実際にゲームのベンチマークではどうなのか、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」と「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を試してみた。

「Time Spy」
「Fire Strike」
「Sky Diver」

 ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kは、1920×1080ドット、フルスクリーンで、標準品質と最高品質の2つの設定で計測。結果は、標準品質が5254(快適)、最高品質が4894(普通)だった。ガッツリではなくちょっと空いた時間にレベル上げする程度であれば快適に遊べるだろう。

1920×1080ドット、フルスクリーン、標準品質、スコア5254(快適)1920×1080ドット、フルスクリーン、最高品質、スコア4894(普通)

 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークは、高品質(ノートPC)だと1513(設定変更を推奨)となってしまったが、標準品質(ノートPC)だと2416(普通)という結果だった。こちらも遊べなくもなさそうだ。

1920×1080ドット、フルスクリーン、標準品質(ノートPC)で2416(普通)
1280×720ドットまで解像度を落とすと、4128(快適)という結果に

 XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネルは、ストレージに256GB SSDを採用している。「CrystalDiskMark」でチェックしたところ、シーケンシャルリードが1854/秒だった。PCle接続のSSDだけあって、HDDだけでなくSATA3接続のSSDと比べてもかなり高速だ。

CrystalDiskMark

モバイルノートパソコン買い替えなら今!

 XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネルは、第8世代のCore i7-8550Uを搭載し、かなりパワーアップしている。性能だけでなく、狭額ベゼルなディスプレーやスタイリッシュなボディーなど、デザイン面でもオススメできる。そろそろモバイルノートパソコンを買い替えようかなと考えている人は、XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネルを検討してみてほしい。

XPS 13の主なスペック
機種名 XPS 13 プレミアム XPS 13 プラチナ XPS 13 プラチナ・QHD+タッチパネル
CPU Core i5-8250U(1.6GHz) Core i7-8550U(1.8GHz)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス
メモリー 8GB
ストレージ 256GB SSD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット) 13.3型(3200×1800ドット)、タッチ対応
内蔵ドライブ
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)/Bluetooth
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 3.1(Type-C、Thunderbolt 3対応)端子、ヘッドセットジャック、SDカードスロットなど
サイズ/重量 およそ幅304×奥行200×高さ9~15mm/約1.29kg
OS Windows 10 Home(64bit)

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー