このページの本文へ

日常会話エンジンやビデオ通話、写真撮影・再生機能、スケジュール機能を搭載

会話できるロボ「ユニボ」法人向け販売開始

2017年10月23日 14時10分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユニロボットは10月23日、個性を学習するパートナーロボット「unibo」(ユニボ)の法人向けを販売開始すると発表した。

 ユニボは、人間との対話を可能としたコミュニケーションロボット。顔認識機能でユーザーの顔を覚え、会話の中でその人の趣味や嗜好を学習する。また、自然言語でテレビや冷房など家電のオン/オフも可能としている。

 法人向けユニボは、日常会話エンジンやビデオ通話、写真撮影・再生機能、スケジュール機能を搭載。ビジネス用途に応じて、ユニボから発したい会話や情報・画像を配信可能としている。ユニボ専用のAndroid向けアプリ「unibo-with」と相互連携もする。iOS版は別途リリース予定だ。

 そのほか、タイマー機能、音楽再生機能、学習リモコン機能を搭載。また、専用の開発キット「スキルクリエイター」を使用することで、ユニボ専用のスキルパックを自由に開発が可能。ビジネス用途にあわせたサービスを付加できる。

 本体価格は、プランAで21万3840円。ユニボ本体の購入とあわせて加入が必要となる基本パックは、月額2万1600円。ユニボストアから購入可能としている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ