このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ワンダーメイクフェス4レポート第1回

長方形の観覧車を作る 子供達の独創的ロボットに驚愕のワンダーメイクフェス4

2017年10月15日 23時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 学習塾および幼児教室の運営事業などを手がけるLITALICOは、プログラミング・ITに興味のある人や、年長の小学生~高校生までに向けたIT×ものづくりの祭典「ワンダーメイクフェス4」を10月15日に開催した。

 本イベントでは、同社が運営するプログラミング・ロボット教室であるLITALICOワンダーに通う子どもたちによる作品の展示やプレゼン、企業や個人クリエイターによる最新のITツールやガジェットに触れられるコーナー、ロボット製作を体験できるワークショップなどを実施。

 今回はロボットクリエイトコースとロボットテクニカルコースの子ども達によるプレゼンテーションの様子をお伝えしたい。

好きなものをプログラミングとロボットで表現

 プレゼンテーションでは自分の作った作品の概要を3分間にまとめ、観客の前で発表する。ロボットクリエイトコースとロボットテクニカルコースのプレゼンは午前の部と午後の部に別れており、全33組の子ども達が発表した。

 発表は作品の特徴や頑張ったところなどをパワーポイントや動画を使って紹介。発表後、観客は配られたフィードバック用紙を掲げることで、発表者へ”ナイス!”を送れる仕組みになっている。

 フィードバックは、プレゼンの内容や話し方に対する「ナイス! プレゼン」、プログラミング技術を評価する「ナイス! テクニック」、作品の着眼点や面白いと思ったものに出す「ナイス! アイデア」、おしゃれ・かわいい・かっこいいと思ったときにおくる「ナイス! デザイン」の4種類。

 特徴的だったいくつかのプレゼンを紹介しよう。

 「ドラゴンのフィリック」というロボットを発表したのは”あおプリっち”。ドラゴンの羽の部分にはギアが仕込まれており、動く仕組みになっている。また、黒いパーツを鎧として装着させるなど、自分のドラゴン像を再現させた。

 LITALICOワンダー横浜に通う”レン”は、ビー玉を勢いよく打ち出して敵を倒すロボット「ドカンと大砲」を発表。

 動画で実際に敵を倒すシーンを観客に披露。思いのほか勢いよく発射されるビー玉の威力に一同驚いていた。ビー玉の威力を高めるために1番こだわったのがプログラミングだという。輪ゴムを捻って小さなパワーを生み出すプログラムを何度もつなげたものを1つのブロックとしてまとめることで、一気に大きな力を生み出せるようになったという。

 ピタゴラ装置好きの”ホウオー”は「ガタゴトスイッチ」を発表。レゴブロックの凹凸に沿わせてビー玉を転がし、壁にぶつけてうまく直角に曲げている作品だ。

 ゴールにはモーションセンサーを配置し、ビー玉が完走すると音がなるようになっている。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン