このページの本文へ

天井スピーカーなしでDolby Atmos再生ができる、ソニーのサウンドバー最上位機種登場

2017年10月10日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HT-ST5000」
「HT-ST5000」

 ソニーは10月10日、サウンドバーの新製品「HT-ST5000」を発表した。11月18日発売予定で、予想実売価格は17万円前後。

設置イメージ 設置イメージ

 同社サウンドバーのフラッグシップモデルで、「Dolby TrueHD」などのロスレスサラウンド音声に対応するのはもちろん、「Dolby Atmos」や「DTS:X」といったオブジェクトサラウンドにも対応。

 バースピーカーの左右にイネーブルドスピーカーを内蔵しており、天井に音を反射させることでトップスピーカーを天井に設置しなくてもサラウンド音声を楽しめる。

 さらに、サウンドフィールドモードを搭載しており、Dolby AtmosやDTS:X収録ではない動画についても仮想的に上方の音響効果を加えて立体サラウンドとして再生できる。

グリルは脱着可能。前面には7つのスピーカーを搭載する
グリルは脱着可能。前面には7つのスピーカーを搭載する

 前面には7つのスピーカーを配置し、付属のサブウーファーと合わせて7.1.2chの再生が可能。従来機にも搭載されていた「波面制御技術」を採用し、7つのスピーカーの音像を波状に広げることで広いスイートスポットを実現できる。

側面にUSB端子を搭載。フラッシュメモリーなどに保存された楽曲の再生が可能 側面にUSB端子を搭載。フラッシュメモリーなどに保存された楽曲の再生が可能

 ハイレゾ音源の再生も可能で、WAVやFLACの再生(192kHz/24bitまで)に加え、DSDもPCM変換で再生できる。

本体背面。HDMI入出力やアナログ/デジタル入力などを装備
本体背面。HDMI入出力やアナログ/デジタル入力などを装備

 HDMIは4K HDRのパススルーに対応。さらに「Dolby Vision」のパススルーに対応する。

上面にはタッチセンサーを搭載 側面のNFCマークにスマホをかざすことでペアリングが可能
上面にはタッチセンサーを搭載側面のNFCマークにスマホをかざすことでペアリングが可能

 このほか、Bluetoothと無線LANに対応しており、音楽配信サービスの「Spotify」が利用できるほか、Googleアシステントにも対応する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART