このページの本文へ

エフセキュア、Windows向けSaaS型セキュリティー新製品発表

2017年09月29日 08時00分更新

文● 江幡/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エフセキュアは9月28日、Windows向けのSaaS型エンドポイントセキュリティー新製品「F-Secure Computer Protection」を発表した。

 本製品はAI(人工知能)、リアルタイム脅威情報、ヒューリスティック分析など、先進的なテクノロジーを活用した多層構造のアプローチを採用することで、軽量でありながら強力なセキュリティーをWindowsクライアントに提供し、ランサムウェアやゼロデイ攻撃に対してプロアクティブな対策を講じることができるサービス。

 既存の企業向けSaaS型製品「エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB)」のうち、PC向け製品「PSBワークステーション」の後継製品に当たる。スキャンエンジンを刷新して、AIや機械学習(マシンラーニング)を積極的に活用することで、検知率を飛躍的に向上させるとともに、さらに軽快に動作するようになったという。

 また、長期休暇などで数日間以上パターンファイル更新が行えなかった後、パターンファイルが差分でダウンロードされるようになり、メモリ上に展開する処理負荷もこれまで以上に低減されている。

 新しく実装されたデバイスコントロール機能では、USBスティック、CD-ROMドライブ、ウェブカメラなどのハードウェアデバイスを通じて脅威がシステムに侵入するのを防ぎ、USBメモリなどのデバイスへの書き込みを制限したり、特定のデバイスのみ許可するなどのルールが設定可能で、データ漏えい防止に貢献できるとしている。

 対応OSは、Windows 7、8、8.1、10。参考価格は新規購入の場合、5〜24ユーザーで8000円/ライセンス、25〜99ユーザーで5600円/ライセンス、100〜499ユーザーで3600円/ライセンス。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ