このページの本文へ

楽天、FREETELの格安SIM事業を買収

2017年09月26日 15時20分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 楽天は同社取締役会で、「FREETEL」ブランドのSIMフリースマホ/格安SIMで知られるプラスワン・マーケティングのうち、MVNO事業について会社分割による事業承継を11月1日に行なうことを決議したと発表した。買収額は5億2000万円。

 なお、プラスワン・マーケティングからも発表があり、事業承継後も「FREETEL SIM」の通信サービスの内容と料金などに変更はないとのこと。今後はモバイル端末事業に注力し、コストパフォーマンスに優れた端末を開発・提供していくとしている。

 プラスワン・マーケティングは、2012年創業。当初は国内でもまだ珍しかった独自ブランドのSIMフリースマートフォンを販売。その後、MVNO事業にも進出。佐々木希さんをCMキャラクターに用いたプロモーション、リアル店舗を展開するなど事業を拡大していた。一方で頻繁に行なわれていた新製品の発売や新サービスの展開が今年始め頃から減少したほか、今年4月にはウェブサイト上の説明が不十分だとして、消費者庁から処置命令を出されていた。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART