このページの本文へ

スマホをサーモグラフィーにする 激ヤバ「FLIR ONE PRO」

2017年09月20日 18時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよiPhone XとiPhone 8/8 Plusが出ます。もちろん、Androidもこれから魅力的な端末が続々と出てくると思われます。スマホ業界がどんどん熱くなっていくわけです。

 でも、本当に熱くなってますか。スマホを持つあなたは、クールに振る舞っているふりをしていませんか。実際、どうなんですか。あなたは熱いのか。自作PCの内部は。車のエンジンは。自宅の配管は……。

 熱さを計りたい。スマホやタブレットを赤外線カメラに変える「FLIR ONE PRO」です。価格は5万1732円

 Lightning接続とUSB type-Cの2モデルがあり、iPhoneやiPad、Android端末に装着することで、スマホがサーモグラフィーに早変わりします。

スマホ/タブレットの下部に接続して使用します
普通のカメラと赤外線カメラを組み合わせて使います
電源ボタンと充電用のUSB type-C端子は下部にあります
端子部分の長さをダイヤルで調節できます
スマホがケースを付けていても取り付けやすい

 撮影には専用のアプリを使います。写真、ビデオ、タイムラプスを撮影できます。タイマー撮影やライトはもちろん、スポットで温度表示したりすることも可能です。単純に熱い冷たいを計測するのではなく、具体的に何度かわかるのが良いところです。

 特徴としては2つのカメラをそなえるところ。ひとつは普通のカメラで、もうひとつが赤外線カメラ。これにより、対象物が認識しやすくなっているのですね。マイナス20度〜120度の範囲内で、任意の場所の温度を測定できます。

編集部もこんな感じに。人とパソコンが熱いですね
ポットって熱いです
人の熱さも計ります
配管の熱いところをチェックするのにも役立ちます
スポットした場所のおおよその温度を示すことも可能

 家庭やオフィスで「なんだか熱くなってるなコレ……」と感じる配管をチェックしたり、「どうも寒いんだけどすきま風漏れてるのかな」ということに気付いたりできます。

 自作PCをたしなむ人なら、ファンによってきっちり冷却ができているかどうか、うまく排気ができているかどうかなどの調査にも使えるはず。

 端子がむき出しなので、ちょっと裸では持ち歩きにくい。そのため、ポーチ型のキャリングケースが付属します。

ポーチ型のケースが付きます
端子がむき出しなのでこのようにしまえるのはいいですね

 本体サイズはおよそ幅68×高さ34×奥行き14mm、重量はおよそ36.5gとコンパクト。ぜひチェックしてみてください。

アスキーストアならクーポンコードで500円引き!
298183
(有効期限は2017年9月28日午前10時まで)
クーポンの使い方はコチラ

「FLIR ONE PRO」をアスキーストアで購入

カテゴリートップへ

お買い得情報