このページの本文へ

あの究極のキーボード、REALFORCEが16年ぶりのリニューアルで新製品登場!

2017年09月19日 13時45分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フェザータッチとも呼ばれる静電容量無接点方式による軽いタッチで、キーボードこだわり派に強い支持を受ける東プレの「REALFORCE」。登場から16年越しにリニューアルして新デザインとなった「R2シリーズ」が10月から順次発売される。

 R2シリーズは、キースイッチの構造に変化はないものの、19mmピッチをそのままに省スペース設計によるコンパクト化、日本語配列でのスペースキーの拡大、CapsLockなどのインジケーターLEDの色のカスタマイズ、内部の鉄板部分の防錆塗装、CtrlとCapsLockの入替設定(ユーティリティーによる変更)、耐久性の向上(3000万回→5000万回)などの改良が加えられている。

 標準モデルのほか、静音モデル、キースイッチの反応位置をカスタマイズできるAPCモデル、APC+静音の4モデルにそれぞれアイボリー(変荷重)とブラック(45g)の2色が用意されている(APC+静音のみ両色とも30g)。価格は標準モデルの税抜1万9800円〜。

 発表会の模様や製品の詳細については後ほどお届けする。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン