このページの本文へ

ソニーが首からぶら下げる個人向けネックスピーカーを発表

2017年09月14日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SRS-WS1」
「SRS-WS1」

 ソニーは9月14日、首にかけるタイプのパーソナルスピーカー「SRS-WS1」を発表した。予想実売価格は2万7000円前後。

ネックバンド式ヘッドフォンのように首にかける形で装着。ヘッドフォンではないので音は周囲にも聞こえる

 「ウェアラブルネックスピーカー」という製品名の本機。首にかけると両肩のあたりにスピーカーユニットが来て、そこから音楽などが再生される。

上部にスリットが入っており、そこから音が出る 上部にスリットが入っており、そこから音が出る

 スピーカーユニットは上方に向けてスリットが入っており、これが耳の位置あたりで音を拡散。また、音の方向を調整するディフューザーも搭載し、まるで包まれているかのようなオーディオを楽しめる。

 本体内には30mm口径のフルレンジスピーカーとパッシブラジエータを2つずつ搭載。パッシブラジエータにより、低音再生時はネックスピーカー自体が振動し、迫力を増してくれる。

左右の内側に電源ボタンやボリュームボタン、振動の強~弱を設定できる
専用の送信機の背面。音声入力がある 専用の送信機の背面。音声入力がある

 本製品は有線接続も可能だが、基本はワイヤレス接続となり、AV機器などに接続する専用の送信機が付属。バッテリーを内蔵しており、約7時間の連続駆動が可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART