このページの本文へ

耳への最適な挿入角度やケーブルの向きをデザインし、抜けにくくぴったりフィット

エレコム、耳型の計測データに基づいた装着感快適なイヤフォン/イヤフォンマイク

2017年09月12日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EHP-CN800Aシリーズ

 エレコムは9月12日、耳型の計測データに基づいたデザインを採用することで快適なフィット感を実現したステレオイヤフォンおよびイヤフォンマイクを発表。9月下旬に発売する。

 珠間切痕(耳たぶと耳珠の間のくぼみ)角度や外耳道角度を計測、耳への最適な挿入角度やケーブルの向きをデザイン。抜け落ちにくくぴったりとした装着感を実現した。さらにイヤーキャップはS/M/Lサイズに加え、さらに小さなXSサイズを用意。ネオジムマグネット採用の9.2mm径ダイナミックドライバーと厚み6ミクロンのPETフィルム振動板、CCAWボイスコイルなどの技術を用いることで高音質を実現している。

EHP-CN800Mシリーズ

 ステレオイヤフォンの「EHP-CN800Aシリーズ」は3.5mm3極ミニプラグを採用。ケーブル中間に着信応答/通話終了スイッチとマイクを装備するステレオイヤフォンマイク「EHP-CN800Mシリーズ」は3.5mm4極ミニプラグを採用する。価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース