このページの本文へ

クラスを超える音質を実現

Soundfortより音楽表現力に磨きをかけたデジタルアンプ登場

2017年08月28日 14時25分更新

文● てんこもり

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MJTSは8月25日、「Soundfort」ブランドより小型高音質デジタルアンプ「AS-100+」を発売した。

 AS-100+はデジタルアンプの高効率/低発熱の特徴を活かし、幅10cm未満のサイズでも18W+18Wの出力を持ちクリアで力強くリアリティある音を再現する高品質デジタルアンプ。

 Soundfort製品の最大の特徴は、スペック上の数値には現れない「聴感上の音質」を徹底的に追求した回路・基板設計。低価格ながらクラスを超える音質を実現したとうたう。

 前モデルAS-100(2016モデル)にて大幅な音質向上を実現した新設計の基板・回路をさらに発展させ、音質に大きく影響する主要パーツをアップグレードした他、電源スイッチの電子化により操作性の向上も図っているとのこと。

 デジタルアンプICにはSTマイクロ社製「TDA7941HV」、アンプ出力段のローパスフィルター回路にはPPSフィルムコンデンサ、コイルには今回から新たにサガミエレク社製のデジタルアンプ専用コイルなどを採用しているため、中高音域の粒立ちを向上させた。

 電源スイッチには、軽いタッチでON/OFFできるアルミ削り出しボタンの電子式スイッチを採用。

 本体サイズは、幅94×奥行き121×高さ48mmで重量がおよそ416g。価格は2万2800円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART