このページの本文へ

Thermaltake「Core P7 TG」

意外に安い? “魅せる”に特化した超大型ケース「Core P7 TG」がおもしろい

2017年08月09日 23時48分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 左右に2枚の拡張シャーシを備える、Thermaltakeの超大フルタワーオープンフレームケース「Core P7 TG」が発売中だ。COMPUTEX 2017でも展示されていた大型ケースだ。

左右に2枚の拡張シャーシを備える、Thermaltakeの超大フルタワーオープンフレームケース「Core P7 TG」。パッケージもご覧の通り。とにかくデカイが持ち帰りも可能だ

 「Core P7 TG」は、5mm厚の強化ガラスパネルをはじめ、4段階の角度調整に対応する2枚の拡張シャーシを備えたオープンフレームケースの新モデル。圧倒的な拡張性を備え、多彩な構成パーツを“魅せる”ことに特化させた製品だ。

 本体は、シャーシからドライブベイまで、ケース本体をすべてDIYで作り上げることが可能な「Dismantlable Modular Design」を採用。構成パーツに合わせて左右の拡張シャーシを取り外しできるほか、縦置き用スタンドと横置き用ゴム足が付属。スペースに合わせた設置方法を選択できる。

左右に4段階の角度調整に対応する2枚の拡張シャーシを備えたオープンフレームケース。“魅せる”ことに特化させたケースだ

 E-ATXまでのマザーボードに対応するほか、ラジエーターはメインシャーシ、拡張シャーシともに最大480mmサイズまで搭載可能。また、最大570mmまでの拡張カード搭載スペースを確保し、付属のステイとライザーケーブルを使用することで、拡張カードをマザーボードに対して水平に装着できる。そのほか、メインシャーシの表面に3.5インチドライブを3基または2.5インチドライブを4基、裏面には3.5/2.5インチドライブを3基搭載できる。

シャーシからドライブベイまで、ケース本体をすべてDIYで作り上げることが可能な「Dismantlable Modular Design」を採用する

 サイズはメインシャーシが333(W)×570(D)×608(H)mm、両サイドの拡張シャーシが333(W)×320(D)×608(H)mm、総重量は25.5kgだが、当然パーツ組み込み後はさらに増えることになる。

 価格は3万2800円(税抜)。ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中。サイズのわりには安く感じてしまう価格設定だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中