このページの本文へ

スマホで物件売買できる「カウル」が価格推定機能を強化

2017年07月31日 15時05分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハウスマートは7月31日、中古マンションをアプリで提案して仲介する「カウル」の価格推定機能を強化した。

 カウルは、オンライン上でいつでもマンションの購入・売却ができる不動産売買仲介サービス。

 今回、AIがマンション新築時の分譲価格やおよそ1000万件におよぶ過去の売買事例、賃貸事例、築年数、物件の広さ、間取りや最寄り駅情報など、不動産価格を左右するデータを分析し、物件の適正価格を推定できるように機能を強化。

 AIによる高精度な物件価格の推定を実現し、ユーザーは相場に比べ割安な物件を見つけやすくなったという。

 今後、価格推定機能のさらなる精度向上を目指すとともに、利用者が購入した物件の資産価値が将来的にどのように変動していくかを推定する機能の開発なども進めていくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ