このページの本文へ

2次元バーコードも極小チップもシールも不要、ペンで点を手書きするだけ

NEC、ペンでドットを書くだけで識別タグにできる「マイドット」技術

2017年07月19日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「マイドット(識別ドット)」

 NECは7月19日、さまざまなモノに市販のペンでドットを打つだけで識別タグにできる「マイドット(識別ドット)」技術を開発したと発表した。

 肉眼では判別できないほどのインク内部の微細な模様を画像認識して識別するもの。インク内のランダムな粒子のため、同一パターンをが発生しにくく、直径約1mmのドットであるため複製も困難。手書きなのでさまざまなモノに手軽に付与できる。

ペンで書いた1mmの点だが、しっかりと識別できる

 画像認識の一般的なアルゴリズムでは特徴点を抽出して模様が同一かどうかを照合するが、インクの粒子というランダムなパターンでは特徴点が大量に抽出されてしまい識別するのが困難だった。新たに開発したアルゴリズムは、模様から抽出された明暗の偏りを数値計算によって位置決めの基準として特徴点を絞り込むなどの工夫を行なっている。

 バーコードのようなコードの生成が不要で、シールを貼り付けられない小さなものでも識別タグを付与できるなどの利点があり、超小型の電子部品のトレーサビリティ、物品の持ち出しなどの機材管理、インターネットのフリーマーケットなど電子商取引など、さまざまな用途に利用できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ