このページの本文へ

ファーウェイ、クラムシェル型の高性能モバイルノート「HUAWEI MateBook X」国内発売決定!

2017年07月04日 16時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、同社のWindows PC「HUAWEI MateBook」シリーズの新型として、クラムシェルタイプの13型モバイルノート「HUAWEI MateBook X」、2in1タイプの「HUAWEI MateBook E」を国内発売すると発表した。発売日はともに7月7日。

高性能でかつファンレス
モバイルノートの強力な選択肢「HUAWEI MateBook X」

 MateBookシリーズの新製品は、海外でも5月にドイツで公開されたばかりで早くも日本上陸となる。注目はやはりMateBook X。日本で需要が高い、クラムシェル型の薄型モバイルPCで(タッチ非対応)、縦横比3:2の13型IPS液晶を搭載。画面解像度も2160×1440ドットと高精細になっている。

 CPUには第7世代のCore i5/i7を搭載。これはTDP 15WのUプロセッサでありながら、独自の冷却技術により、ファンレスを実現しているのが大きな特長。また、キーボードの右上にはタッチ式の指紋センサーも備えている。

 本体サイズも286×211mmとA4用紙とほぼ同じサイズで、厚さは約12.5mm、重量は約1.05kg。さらにUSB Type-C対応のACアダプター、D-sub/HDMI/USB端子が用意されたオプションの「MateDock 2」(税抜7300円)はともにコンパクトなサイズで、持ち運びに優れている。

MateDock 2はコンパクトなサイズながら、D-sub端子を搭載。USB Type-C経由での充電しながらの利用も可能

 Core i7モデルは8GBメモリー/512GB SSDとの組み合わせでカラバリはプレステージゴールドの1色。価格はOfficeなしモデルで税抜17万3800円。Core i5モデルは8GBメモリー/256GB SSDで、カラバリはローズゴールド/スペースグレーの2色を選択可能。価格はOfficeなしモデルで税抜14万4800円。

「HUAWEI MateBook X」の主なスペック
ディスプレー 13型IPS液晶
画面解像度 2160×1440ドット
CPU Core i7 Core i5
ストレージ 512GB SSD 256GB SSD
サイズ 約286×211×12.5mm
重量 約1.05kg
端子 USB Type-C×2、イヤフォン
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
バッテリー 41.5Wh(約10時間駆動)
カラバリ プレステージゴールド ローズ
ゴールド
スペース
グレー
ローズ
ゴールド
スペース
グレー
OS Windows 10 Home 64ビット
Office
市場想定価格(税抜) 201800円 173800円 172800円 144800円

キーボードカバーやスタンドが進化した2in1タイプの新型
「HUAWEI MateBook E」

 一方のMateBook Eは、縦横比3:2/2160×1440ドットの12型液晶など、タブレットとしての基本的なスタイルは前年モデルを継承。一方でCPUは第7世代のCore m3/i5に変更。基本性能がアップした。

 特に進化したのはキーボードカバー(今回から標準添付に)で、より打ちやすいアイソレーションタイプになり、キーピッチも拡大した。そのカバーのスタンドも前年モデルの2つの角度の選択から、強力なヒンジで最大160度まで自由な角度での設置が可能なタイプに改善されている。

 Core m3モデル(4GBメモリー、128GB SSD)は税抜9万2800円、Core i5モデル(8GBメモリー、256GB SSD)はOfficeなしモデルで税抜13万3800円。それぞれ本体カラーとキーボードカバーのカラバリは「シャンパンゴールド+ブラウン」「チタニウムグレー+ブルー」の2種類の組み合わせから選ぶことができる。


カテゴリートップへ