このページの本文へ

通称"変な人プロジェクト"が2017年6月30日まで公募受付中。今年は募集部門が増えた!!

『異能vation』公募スタート。今年度はICT分野の"異能なアイデア"そのものも応募可能に!

2017年05月22日 23時55分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
画像は『異能vation』公式サイトより

総務省が実施する『変な人プロジェクト』今年度も公募開始

 2014年(平成26年)度から総務省がスタートし、“国が変な人認定してる”と毎度話題の多い、総務省 独創的な人向け特別枠『異能vation』プログラム。通称『変な人プロジェクト』としても知られる本プログラムが、今年度も5月22日から応募受付を開始したと、業務実施機関である角川アスキー総合研究所が発表した。

 『異能vation』というプログラムは、ICT(情報通信技術)分野において"破壊的価値"を創造する、"奇想天外"で"アンビシャス"な技術課題への挑戦を支援することが目的。選考通過者は300万円を上限とする金銭的支援や、スーパーバイザーからの助言などの人的支援を受けることができる。選考基準においては、その挑戦の成功が重要視されるのではなく、むしろ価値ある失敗に挑戦することを恐れず、技術課題へのアプローチや解決の道筋を示せるチャレンジャーを奨励するというのが本プログラムの文化と言える。プログラムの概要については『異能vation』公式サイト (http://www.inno.go.jp) をお読みいただきたい。

今年からは"こだわりの技術"や"面白いアイデア"だけを応募することも可能に

 本年度のプログラムに関する注目点は、技術課題に挑戦する"人"を支援する『破壊的な挑戦部門』の公募がこれまで通り継続されるとともに、新たに"アイデアそのもの"を公募する『ジェネレーションアワード部門』が設けられているという点。

画像は角川アスキー総合研究所の発表資料より

 新設の『ジェネレーションアワード部門』は、ICT分野における"面白いアイデア"や"実現してほしい技術課題"を募り、プログラムを介してそうした発想と人・企業がつながることにより、新しいイノベーションの芽を創出しようというのが狙いのようだ。こちらの新設部門では、選考を経て『異能ジェネレーションアワード』の表彰が行われるほか、プログラム協力協賛企業から副賞(20万円)および企業特別賞などが提供される予定とのこと。

 『異能ジェネレーションアワード』は、下記に挙げる分野ごとに表彰が行われることになっている。アイデアなら何でもありというわけではさすがになく、あくまでも"ICTに関する分野"に関するアワードであるという点には留意いただきたい。

『異能ジェネレーションアワード』審査分野(ICTに関する)

  1. 情報通信
  2. 宇宙
  3. 医療
  4. 教育
  5. 農業・漁業・林業などの第一次産業と流通
  6. セキュリティ
  7. センシング・データ
  8. 電波とその有効利用
  9. 映像・音声
  10. バイオテクノロジー
  11. 防災
  12. 流通
  13. ロボット・AI(人工知能)
  14. IoT (Internet of Things)
  15. アプリ
  16. その他業務実施機関が思い付きもしない分野

"他薦"という応募方法で誰にでも参加できるのが『異能vation』

 実施される両部門ともに、応募方法は"自薦"のほか、"他薦"という方法ができることも『異能vation』プログラムの特徴だ。被推薦者(技術課題へ挑戦する本人やアイデアを持っている当人のこと)に対して「推薦しておいたよ」と伝えない、というルールを守れば、他薦システムによって誰にでも応募することができる。

 アイデア自体の応募をすることも可能となり、さらに多くの人たちにチャンスがひらけた今年度の『異能vation』プログラム。公募の締切は2017年6月30日(金)となっているので、応募を検討されている方は、お早めに。

カテゴリートップへ

ピックアップ