このページの本文へ

Android 8.0の開発順調? Android Oに初のベータ版「Developer Preview 2」公開

2017年05月18日 14時45分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは、開発者向け会議「Google I/O」の開催に合わせ、次期Androidとなる「Android O Developer Preview 2」を公開した。Preview 1はアルファ版の扱いだったので、初のベータ版となる。すでにNexus 5X/6P/Player、Pixel/Pixel XL/Pixel C向けのイメージも提供されている。

 Android Oの新機能としては「Notification Channels」「Picture in Picture」「Autofill Framework」「Adaptive Icons」などがある。

 Notification Channelsは従来アプリ単位で表示されていた通知を、アプリ内でジャンル(チャンネル)別にできるというもの。通知のオン/オフも同様にチャンネル単位で可能になる。また、通知自体もアプリアイコンの長押しで小窓で表示できるようになる。

壁紙には宇宙から見た地球の景色が用いられている

 Picture in Pictureはマルチウィンドウの一種で、動画などを小さなウィンドウで重ね合わせて再生する。Autofill Frameworkは対応アプリにおいて、フォームの入力を自動化するというもの。Adaptive Iconsは1つのアプリアイコンが状況に合わせて表示を変えられるという機能だ。

 またハードウェアサポートではマルチディスプレーやBluetoothでLDACコーデックへの対応などが含まれている。

 Android Oの“O”から始まるコードネームは今回も発表されなかったが、例年どおりであればPreview 3が公開される夏頃のはず。ウワサに上がっている「Oreo」なのか、それとも「Ohagi」なのかはまだわからないが、開発は順調に進んでいると言えそうだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART