このページの本文へ

ロジテック、臨場感あるサウンドを響かせるキューブスピーカー

2017年05月18日 18時10分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテックINAソリューションズは5月18日、ロジテックダイレクトから共栄エンジニアリングのキューブスタイル・ワイヤレススピーカー「pavé(パヴェ)」を発売すると発表した。価格は1万9224円で、5月中旬から発売。

 独自のDSP技術「cear Field」と左右対向スピーカーを配した構造を組み合わせ、音の広がりと高音質再生を実現したというBluetoothスピーカー。

 cear Fieldは、音源と人の関係を表した数理モデルである頭部伝達関数をもとに、さまざまな方向から到達する音の特徴を信号処理により耳元に直接届ける音響再生技術。映画サウンドに立体感を、音楽には臨場感を与えるくれるという。

cear Fieldのサウンドイメージ

 別売りの「DOMINO 2MIC」で収録した音をpavéで聴くと、現場のような音の空間を忠実に再現できるとうたう。

 インターフェースはミニステレオ端子とmicroUSB端子を用意。バッテリーは、1回の充電でおよそ8.5時間再生可能。本体サイズは幅と高さがおよそ88mm、奥行きが69mmで、重量は290g。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース