このページの本文へ

富士通のオンプレミスサービスでさらなる協業も

富士通がBoxと国内販売代理店契約を締結

2017年04月20日 15時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Box Japanは4月19日、日本の正式販売代理店契約を富士通と交わしたことを発表した。販売代理店業務は3月からすでに開始しており、富士通は国内におけるBoxソリューションの販売を担当する。

 両社はクラウド・コンテンツ・マネジメント分野で提携。2016年12月にスタートしたコミュニケーションプラットフォーム「FUJITSU Enterprise Applicationデジタルグローバルコミュニケーションサービス」でBoxソリューションが採用されている。

 両社は今後、Boxと統合した富士通ソリューションの開発など、さらなる協業分野を検討するとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ