このページの本文へ

ファームウェア障害の際に迅速に復旧できる

バッファロー、工事現場近くでも安定する最大10Gbps転送対応のテラステーション

2017年04月05日 18時20分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローは4月5日、最大10Gbpsの転送に対応した法人向けNAS「テラステーション 5010シリーズ」に、SSDを採用した高速・耐振動モデル「TS5210DFシリーズ」を追加すると発表した。容量は2TBと512GBで、価格は2TBが21万3840円、512GBは10万7784円。4月下旬から発売する。

 10GbE標準搭載に加えてSSD採用で読み込み・書き込み速度を高めた法人向けNAS。HDD搭載モデルのTS5210DNシリーズと比べて消費電力をおよそ63%削減しているという。

HDD搭載モデル(TS5210DNシリーズ)との読み込み・書き込み速度比較

 搭載メディアにSSDを採用することで耐振動性能を向上させており、可搬性が高く振動のある環境への設置も可能。工事現場近くの仮設事務所や船舶内、鉄道車両内などで、監視カメラや各種センサーの運行記録など保存するファイルサーバーなどの用途に最適としている。

 CPUには、Annapurna Labs Alpine AL314 クアッドコアプロセッサーを採用。さらに、4GBのECCメモリーを搭載しており安定動作を実現したという。

 また、「システムファームウェア二重化構造」を採用しており、万一のファームウェア障害の際に迅速に復旧できる。

 さらに、SSDや製品本体のエラー情報、障害の早期発見・故障予測などをメールで知らせる「メール通知」機能や、「SNMP v3」への対応で障害発生時の早期復旧が可能。

 合わせて交換用SSD「OP-SSDシリーズ」も発売。容量は1TBと256GBで、価格は1TBが8万6400円で、256GBが4万3200円。

OP-SSDシリーズ(オプション交換用SSD)

カテゴリートップへ

ピックアップ