このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

4つのベンチマークとデモの結果からわかる835の実力

Snapdragon 835の実力はいかに!? 現行最高のiPhone 7 Plusの性能も凌駕

2017年03月22日 20時30分更新

文● 石野純也 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クアルコムは、3月22日に「Snapdragon 835」のベンチマークイベントを中国・北京で開催した。

 報道陣には、各種ベンチマークアプリがインストールされたSnapdragon 835搭載の「Qualcomm Reference Design」端末(以下、QRD)が渡され、約2時間の間、自由にベンチマークを取ることが許可された。

Snapdragon 835搭載のリファレンスモデル(右)で、ベンチマークテストを行なった。左は比較のための「Galaxy S7 edge」

 Snapdragon 835搭載QRDでテストできたベンチマークアプリは「Antutu Benchmark v6.3.3」「Geekbench v4.0」「3D Mark」「PC Mark」の4本で、それぞれスコアーを測定することができた。

 なお、Antutu BenchmarkとGeekbenchに関しては、比較のため1世代前のプレミアム端末向けチップセット「Snapdragon 820」を搭載したドコモ版の「Galaxy S7 edge」でもテストしている。

 今回試用したGalaxy S7 edgeは先日のOSアップデートを適用しており、QRDと同じAndroid 7.0に条件を統一してある。

【Antutu Benchmark】
アップルのA10 Fusionおよび現行版を凌駕する

 早速、その結果を見ていこう。まずは、Antutu Benchmark。こちらは、18万点オーバーという高いスコアーをたたき出した。アプリ内の比較では、これまで最高得点を記録していた「iPhone 7 Plus」(チップセットはSnapdragonと同じARMベースの「A10 Fusion」)を抜いてトップに。

Antutu Benchmarkのスコアーは、18万を超えた

 対するGalaxy S7 edgeは、13万点台前半となり、その差は約1.4倍となった。「3D」「UX」「CPU」「RAM」と、すべての項目でSnapdragon 820を凌駕していることが分かる。

 クアルコムは、Snapdragon 820と835の違いを、処理速度で20%、GPUで25%とアピールしているが、少なくともAntutu Benchmarkの結果は、それ以上に開きが出ているようだ。

「Galaxy S7 edge」との比較では、すべての項目が上回っている
スコアーとしては、アップルの「A10 Fusion」を上回っている

【Geekbench】
マルチコアでの値に大きな変化が出た

 次に、Geekbenchの結果を掲載する。こちらは、シングルコアのスコアーが「2055」、マルチコアのスコアーが「6495」で、いずれも高いスコアーとなっている。

 Snapdragon 820を搭載するGalaxy S7 edgeは、シングルコアで「1587」、マルチコアで「3910」となっており、差はマルチコアでの方が出ているようだ。

GeekBenchでは、CPUの性能を測定。いずれも高い結果が出た
シングルコア、マルチコアともに、「Galaxy S7 edge」よりスコアーが高い

 Snapdragon 835はオクタコア構成で、処理能力を必要とする際には、パフォーマンス重視のクアッドコアを利用する。この動作クロック周波数は2.45GHz。対するSnapdragon 820は2.2GHzのクアッドコア構成で、こうした差がスコアーの違いに表れている。

【3D Mark&PC Mark】
ここでも現行モデルと比べ大幅に向上

 また、「3D Mark」の「Sling Shot(ES 3.0)」を使ったベンチマークのスコアーは「4627」、「PC Mark」では「7949」を記録し、いずれもかなりの好成績を上げている。

 Snapdragon 820を搭載した端末だと、前者が2000前後、後者が5000前後となっており、現行モデルと比べると大幅に向上していることが分かる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART