このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホなどからPCへと勢力を拡大するクアルコム

常時接続&20時間使えるSnapdragon搭載Windows 10 PCがASUSやHPから登場

2017年12月06日 16時00分更新

文● 石野純也 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Snapdragon Tech Summitの基調講演に登壇した、Cristiano Amon氏

 クアルコムは、米ハワイでメディア向けイベントの「Snapdragon Tech Summit」を開催した。初日にあたる12月5日(現地時間)の基調講演では、Snapdragonを採用したWindows 10搭載のPCを披露した。

Snapdragon登場から10年、「スマートフォン以外」への搭載も進む

 基調講演は、クアルコムのEVP、Cristiano Amon氏が、今年で10周年を迎えたSnapdragonの歴史を振り返るところから始まった。

 「スマートフォンは、全人口の約60%が使う中心的な存在になり、デジタル産業を大きく変えた。カメラ、ゲームデバイス、ミュージックプレイヤー、ビデオプレイヤー。これがスマートフォンだ」と語るAmon氏。一方で、「モバイルの技術がほかの産業に広がり、マーケットが拡大している」という。

スマートフォンは、全人口の約60%が使うデバイスに成長したマーケットは、「非スマートフォン」へと広がり始めている

 実際、2019年から2020年に導入が見込まれる5Gは、「携帯電話だけでなく、あらゆるものがインターネットにつながる」よう設計されている。この5Gに向け、クアルコムは「Snapdragon X50 5G Modem」と呼ばれるモデムを開発。2017年10月には、5G NR(New Radio=新周波数帯)に対応したスマートフォンの試作機も公開した。

高速、低遅延、多端末接続が特徴の5G。標準化も「オンスケジュール」(Amon氏)だ

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン