このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

VR筐体やドラえもんVRなどアーケード用VRが続々登場!【JAEPO2017】

2017年02月12日 13時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月10日から12日まで(10日はビジネスデー)、幕張メッセにて日本最大のアーケードゲームの展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2017(JAEPO2017)」が開催中。近年話題のVR(バーチャルリアリティー)対応ゲームも多数出展されている。

筐体型としては初のVRに期待大

 コーエーテクモウェーブは2月6日に発表したVR筐体「VR センス」を出展。本機は3Dシート、香り機能、タッチ機能、風機能、温冷機能、ミスト機能といった、五感を刺激するギミックを搭載する。

コーエーテクモウェーブのブース

 現状は試作機のため、ここから形状や色が変わる可能性があるとのこと。VRコンテンツはヘッドマウントディスプレーを被り、動作が制限されるため荷物の盗難など、安全面のトラブルが懸念される。また、VRヘッドマウントディスプレーの使い方が始めてという人もいるため、アミューズメント施設では店員を貼り付ける必要があった。

 しかし、同社は筐体内に荷物を保管する場所を設けるなどして、付き人いらずで安心・安全にVRが楽しめることを目指している。VRヘッドマウントディスプレーはPlayStaition VR(PSVR)を採用。筐体上部にPSVRの端子を接続するポートと、風の噴出口が3つ備わっている。

 VR センスでは会場で試遊できた「GI Jocky SENSE(仮題)」、「ホラー SENSE~だるまさんがころんだ~(仮題)」に加え、「VRアクション 真・三國無双(仮題)」が同梱され、今夏発売予定。価格は未定。以降ソフトの追加も可能になる。

 「GI Jocky SENSE(仮題)」は馬の動きに合わせて複雑にシートが揺れ、映像を見ているだけよりも馬に乗っている高い体感を覚えた。6日に行われた体験会で体験したときよりも風のでかたが強く、緩く団扇で仰ぐくらいの風を肌で感じた。この辺りの調整は今後ユーザーの反応も見ながら変わっていきそうだ。

 ホラー SENSE~だるまさんがころんだ~(仮題)は、PlayStation Move(PSMove)のトリガーを引くと、少女の幽霊に向かって歩くといったデモ体験を楽しめる。突如、目の前に現れるシルエット、倒壊する建物に合わせてシートが揺れ、ホラーが苦手な人にはちょっと心臓に悪い、体験を味わえる。本機はまだ香り機能、タッチ機能が未実装のため、フル機能での体験が行なわれなかったが、たとえば冷気を含んだ風を送ったり、足元に何かが這いずる振動を送るといったことを行なうことで、一般的な視聴するだけのVRコンテンツよりも、リアルな体験を得られそうだ。

筐体は完全密閉ではないが、やや密閉感を覚える。ヘッドホンはHORIの「ネックバンド ヘッドホン for PlayStation VR」を使用。操作は現状PSMoveを利用していた
PlayStation Cameraは筐体の前面に搭載。カメラとの位置が近すぎるようにも感じたが、画面が表示されるなどのトラブルもなく、トラッキングは非常に良好だった

前へ 1 2 3 次へ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!