このページの本文へ

データを長期保存するライブラリー用途に適している

パナソニック、とにかく“タフ”な録画用50GBブルーレイディスク30枚パック

2017年01月18日 15時40分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは2月17日から、録画用50GBブルーレイディスク2種類を発売する。書換型と追記型をラインアップし、価格はオープン。

 温湿度変化による反りに強い防湿層「ワープコート」、水分・化学物質の侵入を防ぐ保護層「ガードコート」、汚れ・指紋・傷・打痕に強いカバー層「ハードコート」による「トリプルタフコート」を採用しているので、データを長期保存するライブラリー用途に適している。

 岡山県にある同社津山工場において、厳しい品質保証体制のもと一貫して開発・産しており、品質のバラツキが少なく安心して使用できるという。

 「録画用Blu-ray Disc(書換型)Ver.2.1」と「録画用Blu-ray Disc(追記型)Ver.1.1」はどちらも30枚パックで、記憶容量は50GB(片面2層)。データ転送速度は1~2倍速(最大72Mbps)。

カテゴリートップへ

レッツノート 最新ラインナップ