このページの本文へ

ユーザーに合った録画設定を考えてくれる

10chまるごと28日間録画! 全自動DIGA新モデル

2016年04月04日 18時50分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「全自動ディーガ」シリーズの新機種が5月20日発売

 パナソニックは4月4日、「全自動ディーガ」シリーズのBlu-ray Discレコーダー3機種を発表した。5月20日から販売を開始する。

 指定したチャンネルの番組を自動ですべて録画するレコーダー。最上位モデル「DMR-BRX7020」は、10チャンネルを最大28日間全自動で録画できる(うち5チャンネルまでBS/110度CSを選択可能)。容量が足りない場合は古い番組から自動で消去する機能を備えている。さらに、使用状況に合った録画設定を提案してくれる「おすすめ設定診断」機能を新たに追加した。

 録画した番組をまとめてチェックできる「新着番組」や「チャンネル録画一覧」などのメニューも用意。録画番組はスマートフォンやタブレット、PCの専用視聴アプリ上でも視聴できる。

 7TB HDD内蔵で10チャンネル×最大28日間を全自動録画する「DMR-BRX7020」、4TB HDD内蔵で6チャンネル×最大36日間対応の「DMR-BRX4020」、2TB HDD内蔵で6チャンネル×最大16日間対応の「DMR-BRX2020」をラインアップする。価格はいずれもオープン。

カテゴリートップへ