このページの本文へ

3Dゲームも軽めなら調整次第!「dynabook RZ82/A」でゲームしてみた

2017年02月16日 09時00分更新

文● エースラッシュ 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝の12.5型デタッチャブルノートパソコン「dynabook RZ82/A」の基本性能は、前回紹介したように家庭やオフィスでの日常利用には十分な力を持っている。しかしタブレットとしても軽快に使えるよう、省電力なCPUであるCore m7-6Y75を搭載していることもあり、グラフィックス性能は少々抑えめだ。

 では、dynabook RZ82/Aで高いグラフィックス性能が要求される3Dゲームをプレイすることはできるのだろうか。無理を承知で、どのくらいのことまでができるのか、各種ゲームベンチを実行してみた。

「ファイナルファンタジーXIV」で遊ぶのは難しそう…?

 まず「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」を実施してみた。設定はウィンドウモードで1920×1080のフルHD画質にしてある。この状態でグラフィックスの品質を「標準品質(ノートPC)」にして実施した結果「設定変更が必要」という結果が出てしまった。もちろん、より精細なグラフィックス品質ではさらに厳しいスコアになっており、「最高品質」では「動作困難」という結果になっている。

 もちろん、解像度設定を低くするなどさらなる調整は可能だが、「ファイナルファンタジーXIV」の快適なプレイは厳しそうだということがわかった。

「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」を「標準品質(ノートPC)」で実施
「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」を「最高品質」で実施

軽めのゲームなら設定次第で対応可能

 「ファイナルファンタジーXIV」よりは要求が高くないゲームとして、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4k」や「モンスターハンター フロンティア オンライン」のベンチマーク「MHFベンチマーク 第三弾【大討伐】」も実施してみた。

 まず「MHFベンチマーク 第三弾【大討伐】」を解像度1680×946でウィンドウモードで実施した。詳細設定でグラフィックス設定を含む各種設定を「低」にすれば遊べる程度の性能であるという結果が出た。もちろん場所によっては動きがぎこちなくなる可能性があるため快適というわけではないが、軽く遊んでみたいという程度ならば対応可能そうだ。

「MHFベンチマーク 第三弾【大討伐】」

 「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4k」はウィンドウモードで、解像度は1920×1080ドットのフルHDに設定。グラフィック設定を「低品質」にした時には「やや重い」という結果になった。動作の重さは感じられてもゲームはできるという状態だ。しかし「最高品質」のグラフィック設定では「重い」という、そのままの設定ではかなり不自由を感じるであろうという結果が出た。

「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4k」を「低品質」で実施「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver.1.4k」を「最高品質」で実施

 全体的に、軽めのゲームで低画質設定ならば遊べる程度だという結果になった。もちろん、3Dゲームにこだわらず、ブラウザゲームなどで遊ぶというならば不自由なく楽しめるはずだ。

Room1048/東芝ID会員(無料)なら、直販価格11万9880円から!
256GB SSD搭載でも16万4160円から

 東芝製ノート共通の注目ポイントとして紹介しておきたいのが、その価格。たとえば「dynabook RZ82/A」の場合、東芝ダイレクトの直販価格は16万8480円からなのだが、Room1048会員(東芝ID)価格は11万9880円、12月21日現在)からとなっている。なんと、256GB SSD搭載モデルも16万4160円(12月21日現在)からだ。

 この他の東芝製ノートもかなりお得な価格になっているため、ノートPCの購入を考えている方は、とりあえずRoom1048/東芝ID会員(無料)になることを強くオススメしたい!!

試用機の主なスペック
機種名 dynabook RX82/A
CPU Core m7-6Y75(300MHz)/Core m3-6Y30(900MHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 515
メモリー 4GB/8GB
ストレージ 128GB SSD/256GB SSD
ディスプレー 12.5型(1920×1080ドット)、タッチ対応
光学式ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース タブレット:USB Type-C、MicroHDMI端子、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、キーボードドッグ部:USB 3.0端子×2、HDMI出力端子、ミニD-sub 15ピン
内蔵カメラ 前面:およそ200万画素、背面:およそ500万画素
内蔵センサー 電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサー
サイズ/重量 およそ幅309×奥行215.2×21mm/約1.399kg~1.43kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー