このページの本文へ

プライベートでも仕事でも軽快に動く「dynabook RZ82/A」が快適!

2017年02月02日 09時00分更新

文● エースラッシュ 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

薄型軽量でタブレットにもなる2in1スタイルの「dynabook RZ82/A」は、実際に利用するとどのくらいの力を発揮してくれるのか。その実力をベンチマークで紹介しよう。

十分な基本性能でユーザーをサポート

 「dynabook RZ82/A」は東芝のウェブ直販サイト「東芝ダイレクト」からのみ購入できるモデルとして搭載CPUも2種から選択可能になっているが、今回試用したモデルはCPUにモバイル機器向けとして作られた省電力なインテルCore m7-6Y75を採用し、8GBメモリーと256GB SSDを組み合わせた構成だ。CPU、メモリー、ストレージという選択できる構成パーツを、すべて上位のものにした状態になっている。

 この構成で、どの程度の力があるのかWindowsの快適さを評価するプログラム「WinSAT.exe」の実行結果を「Windows エクスペリエンス インデックス」の形式で見てみよう。

Windows エクスペリエンス インデックス

 「プロセッサ」の値が「6.9」、「メモリ」の値が「7.4」、「プライマリハードディスク」の値が「8.2」と全体的に高いスコアが出ている。CPU内蔵のグラフィックス機能を使っているためにどうしても低くなりがちな「グラフィックス」の値も「5.2」とそれほど低くない。

 タブレットにもなるdynabook RZ82/Aだが、クラムシェルマシンと比較しても見劣りしない実力を持っている様子がわかる。外出時だけでなく、デスクでもしっかり働いて欲しいという人にとってもうれしい結果だ。

ブラウジングや動画再生でもCPU負荷率はそれほど高くない

 実際に利用した時にどのような状態になるのか、ブラウザー利用時のCPU負荷率についても見てみた。まず通常のウェブページ表示の例として、ASCII.jpのトップページを表示してみたが、読み込む瞬間に50%を一瞬超えるだけで、あっという間に10%以下の使用率におちついてくれた。

ブラウザーでのウェブページ表示は負荷も少なく快適だ

 YoutubeでHD動画の再生も行なってみたが、こちらは最初の読み込み時などに80%を一瞬超えた後、何度か使用率が上がる瞬間はあったものの、おおむね30%程度までの使用率で収まっている状態となった。安定して動画が再生されている時には10%台となっており、安定感のある使い心地だった。

HD動画再生も安定して楽しめる

 ストレージ容量の少なさをクラウドストレージ等でカバーすれば、一般的な家庭での利用やドキュメント作成等を中心としたオフィスワークに十分対応できるだろう。特にストレージがSSDということで、本体の起動・終了などは非常に迅速で、外出先での短い空き時間を有効活用したいという人にも使いやすい。dynabook RZ82/Aは、モバイルでもデスクでも頼りになりそうだ。

Room1048/東芝ID会員(無料)なら、直販価格11万9880円から!
256GB SSD搭載でも16万4160円から

 東芝製ノート共通の注目ポイントとして紹介しておきたいのが、その価格。たとえば「dynabook RZ82/A」の場合、東芝ダイレクトの直販価格は16万8480円からなのだが、Room1048会員(東芝ID)価格は11万9880円、12月21日現在)からとなっている。なんと、256GB SSD搭載モデルも16万4160円(12月21日現在)からだ。

 この他の東芝製ノートもかなりお得な価格になっているため、ノートPCの購入を考えている方は、とりあえずRoom1048/東芝ID会員(無料)になることを強くオススメしたい!!

試用機の主なスペック
機種名 dynabook RX82/A
CPU Core m7-6Y75(300MHz)/Core m3-6Y30(900MHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 515
メモリー 4GB/8GB
ストレージ 128GB SSD/256GB SSD
ディスプレー 12.5型(1920×1080ドット)、タッチ対応
光学式ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース タブレット:USB Type-C、MicroHDMI端子、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、キーボードドッグ部:USB 3.0端子×2、HDMI出力端子、ミニD-sub 15ピン
内蔵カメラ 前面:およそ200万画素、背面:およそ500万画素
内蔵センサー 電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサー
サイズ/重量 およそ幅309×奥行215.2×21mm/約1.399kg~1.43kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー