このページの本文へ

「IDCFクラウド」から「VAddy」へのシングルサインオン連携を開始

IDCFとビットフォレスト、クラウド型脆弱性検査サービスで業務提携

2016年11月24日 14時34分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
IDCFクラウドとVAddyを活用した開発イメージ

 IDCフロンティアは11月24日、ビットフォレストとクラウド型脆弱性検査サービスで業務提携すると発表。「IDCFクラウド」から「VAddy」へのシングルサインオン連携を開始する。

 ビットフォレストが提供するVAddyは、ウェブアプリケーション開発者自身が脆弱性検査を実施できるクラウド型セキュリティテストサービス。AI技術を利用した脆弱性検査エンジンで、ユーザーのアプリケーションの動きを自動的に把握するので、セキュリティーに関する知識がなくても簡単に利用できるという。

 今回の提携により、ビットフォレストがIDCFクラウドユーザー専用の無料導入サポート窓口を設置するほか、VAddyの初年度10%割引きとなるIDCFクラウド用の特別プランを提供。また、両社で営業およびマーケティング活動の相互連携を実施する。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ