このページの本文へ

「VSP F シリーズ」の最上位モデル

日立、ハイエンド向けオールフラッシュストレージ「VSP F1500」販売開始

2016年10月27日 07時00分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日立製作所は10月26日から、「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)ファミリー」のラインアップに、ハイエンド向けオールフラッシュアレイ「VSP F1500」を追加し、全世界で順次販売を開始する。

 VSP F1500は、「VSP F シリーズ」の最上位モデルの位置づけとなるストレージシステムだ。ストレージ仮想化技術や高信頼なデータ保護機能に加えて、今回新たにデータの重複排除・圧縮機能を搭載。容量効率のさらなる向上を実現するという。これにより、高性能、高信頼なデータ利活用基盤を構築することが可能だとしている。

 システム構成は、キャッシュが256GBで、システム物理容量はおよそ28TB~。価格は2億4001万2720円。

カテゴリートップへ

ピックアップ